いま注文しても納車は2021年! 待望の「日産キックス」が手に入らないワケ (1/2ページ)

noteで書く
いま注文しても納車は2021年! 待望の「日産キックス」が手に入らないワケ

車体色によっては納車が2021年4月以降になる可能性も

 日産は6月24日に、国内市場では10年ぶりの新型車としてキックスを発表した。世界的にクロスオーバーSUVの人気が高まるなかで、“ガラパゴス市場”と呼ばれる日本市場でも、各メーカーがクロスオーバーSUVのラインアップを強化している。キックスはそのなかでも、競争の激しいコンパクトクロスオーバーSUVとなる。そして国内市場ではシリーズハイブリッドのe-POWERのみとするなど、話題性も高まっている。

【関連記事】【個性派揃いの日本のSUV市場で勝ち目なし!?】日産のキックス導入は正解か?

日産キックスが長期納車待ちとなる理由画像はこちら

 そのキックスの様子を見に、某日産系ディーラーを訪れた。実車を見るのは初めてだったが、全幅が1750mmをオーバーしていることもあり、コマーシャルなどで見るよりも随分大きいことに驚いた。

 応対してくれたセールスマン氏によると、ライバルはトヨタC-HRになるとのこと。C-HRはラゲッジスペースやリヤシートまわりが狭い、デザイン重視のクーペSUVスタイルとなるので、オーソドックスなSUVスタイルとなるキックスと真っ向勝負できるかどうかは少々疑問が残るところ。ボディサイズがトヨタ・ライズのような5ナンバーサイズとまでは言わないが、もうひとまわり小さくして、全幅が1750mmを下まわるサイズのほうが日本市場ではより適しているように思える。ボディサイズは少々中途半端である。

日産キックスが長期納車待ちとなる理由画像はこちら

 車両本体価格275万9000円となるXに、カーナビ、ドラレコ、ETCを装着し、フロアマットなど最低限のアクセサリーを装着させたら、支払総額が350万円を超えてしまい驚いてしまった。しかし、さらに筆者を驚かせることをセールスマンは教えてくれた。筆者がリクエストしたボディカラーだと、すぐ契約が成立しても納車は来年2月以降になるとのこと。まごまごしていれば、2020年度ではなく2021年度(2021年4月以降)になってしまう可能性もあるという。

日産キックスが長期納車待ちとなる理由画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報