2400万円の「NSX」にバカ売れ「ライズ」の廉価グレード! 安全装備が不十分な「悩ましい」事情とは (1/2ページ)

noteで書く
2400万円の「NSX」にバカ売れ「ライズ」の廉価グレード! 安全装備が不十分な「悩ましい」事情とは

トヨタ・ライズはエントリーグレードのみスマアシを未装備

 今や、軽自動車を始め、安価なコンパクトカーにも先進安全装備が搭載されている。たとえば、世界で初めてミリ波レーダーを用いた衝突軽減ブレーキを実用化したホンダのN-BOXやN-WGNでは、全車に安全運転支援システムのHondaSENSINGが標準装備されている。意外にも、日本の軽自動車は、ダイハツのスマートアシストに代表される安全運転支援システムをいち早く採用していた経緯がある。当然、車両価格に跳ね返るが、それよりもユーザーや歩行者の安全を優先した英断である。

【関連記事】一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

いまだに安全装備のつかないクルマとその理由画像はこちら

 ところが、2021年11月から国産全新型車に自動ブレーキが義務付けされることになっているものの、最新の新型車でも自動ブレーキを含む先進安全運転支援システムが未搭載のクルマがある。一例を挙げれば、2019年11月に発売された、トヨタ・ライズだ。ダイハツのロッキーと兄弟車なのだが、ロッキーが先進安全運転支援システムのスマアシを全グレードに標準装備するのに対して、ライズはエントリーモデル、167.9万円のXグレードのみスマアシを未装備(注文装備も不可)としている。この時代にあり得ないと思われてもしょうがない設定だ。

 ただ、先進安全運転支援システム=先進のトヨタ・セーフティセンスを売りにしているトヨタとしては、積極的に売るグレードとは考えていないはずだ。ではなぜ、そんな、意地悪く突っ込まれてもしょうがないグレードを用意したのか。また、ダイハツ側はなぜ、それに合わせず、全車標準装備としたのか。それには、それぞれの自動車メーカーの事情がある。

画像ギャラリー


新着情報