ロールスにベントレー! 超高級SUV飽和状態のなかでも「ランボルギーニ・ウルス」がバカ売れするワケ (1/2ページ)

ロールスにベントレー! 超高級SUV飽和状態のなかでも「ランボルギーニ・ウルス」がバカ売れするワケ

本社工場を拡張し生産性をアップ!

 ランボルギーニは2020年7月21日、同社がスーパーSUVと呼ぶ「ウルス」が製造開始から1万台目のラインオフをしたと発表した。買い手はロシア在住者で、Nero Noctis Mattと呼ぶ深みあるブラック外装色。インテリアはブラック&オレンジで各所にカーボンファイバーのアタッチメントを施したクルマである。

「ウルス」が世界初公開されたのは2017年12月。生産と発売は2019年に入ってからだ。初年度の世界販売総数は4962台。二年目も初年度とほぼ同数が売れたことになる。

 ランボルギーニとしては、ウルスが同社として「かなり多めの数」が売れると見込んで、本社工場をそれまでの約2倍となる16万平米まで拡張し、生産能力を一気に上げた。

【関連記事】背高でも凄い! レーシングドライバーが納得する「走り」をもつ現行SUV5選

ランボルギーニ・ウルスのリヤ画像はこちら

 3000万円級の600馬力のスーパーSUVは、企業としてのランボルギーニを大きくステップアップさせたことは間違いない。

 こうした超高級SUVのトレンドはいつから始まったのだろうか?

 最初のきっかけは、ポルシェ「カイエン」だった。メルセデス、BMW、アウディなど欧州高級メーカーは、2000年代に本格化したアメリカでのSUVブームに乗った。日系のプレミアム3、レクサス、インフィニティ、アキュラも続々とSUVを市場導入していった。

ポルシェ・カイエンの走り画像はこちら

 そこにポルシェが参入し、またSUVの老舗であるランドローバーもシティ派SUVを開発した。

画像ギャラリー