「ランボルギーニ ウルス」の記事一覧

ランボルギーニ ウルスに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

ランボルギーニ・ウルスが進化しSUVからスーパースポーツへ! 666馬力の「ペルフォルマンテ」の実力

この記事をまとめると ■2022年11月11日にランボルギーニ・デイ・ジャパン2022が開催された ■ランボルギーニ・デイ・ジャパン2022にてウルス・ペルフォルマンテが日本初公開された ■2024年にはウルスにハイブリ...

続きを読む...

「フェラーリよ、お前もか!」 「プロサングエ」に「ロータス・エレトレ」誕生でスーパーSUVが超激戦区に

この記事をまとめると ■フェラーリのSUV「プロサングエ」が間もなく発表予定 ■ロータスやアストンマーティンからもSUVを超えるスーパーSUVが発表されている ■フェラーリの参入によりスーパーSUVカテゴリーがますます加...

続きを読む...

「世界でもっとも美しいクルマ」に待った! DS4に負けず劣らず美しいSUVを探してみた

この記事をまとめると ■DS4が「世界でもっとも美しいクルマ」として表彰された ■世界中にはデザインに関するさまざまな賞があるので世界規模というわけではない ■日本メーカーのデザインも世界中の自動車メーカーから参考にされ...

続きを読む...

1+1=3にも4にもなってる! 自社だけじゃ不可能だった「コラボ」で「圧倒的な価値」を手に入れたクルマ

この記事をまとめると ■異色のコラボやライバル車の誕生によって価値を高めた車種を紹介 ■他社とのコラボや提携は、多くのユーザーも注目するだけにセールスにも有利だ ■兄弟車でありながらも違ったコンセプトで差別化することで人...

続きを読む...

かつてはフェラーリ圧勝もいまやランボルギーニが僅差に迫る! それでも販売台数の「逆転」がないと言い切れるワケ

この記事をまとめると ■ランボルギーニの2021年世界販売台数は8405台で過去最高セールスを記録した ■フェラーリの世界販売台数は1万1155台でかつてに比べれば販売台数の差は縮まった ■フェラーリのSUVが発売されれ...

続きを読む...

ランボルギーニの逆転劇は「非跳ね上げドア車」が生み出した! 過去最高の販売台数を支えた「やりました」モデルとは

この記事をまとめると ■ランボルギーニが2021年の世界総販売台数8405台で自己最高を記録したことを発表 ■2021年の販売台数の約半数をSSUVのウルスが占めている ■ランボルギーニ躍進の礎となったかつてのベストセラ...

続きを読む...

いま何もかもが絶好調のランボルギーニにも「黒歴史」あり! かつての「やっちまった」モデルたち

この記事をまとめると ■ランボルギーニが2021年に販売した自動車販売台数が同社最多を記録 ■絶好調のランボルギーニであるが、過去には大失敗したモデルが数多くある ■ランボルギーニがかつてリリースした「やっちまった」モデ...

続きを読む...

SUVだらけと思ったらまだ「だらけ」じゃなかった! まだまだ終わらないSUV化の大波と「選び方」に注意が必要な現状

この記事をまとめると ◼︎実用車のみならずスーパーカーブランドまでSUV市場に参入 ◼︎スポーツカーやセダンまでSUVになりつつある ◼︎今後はユーザーがSUVに対して「なに」を求めるかが新車の方向性を決める 何でもかん...

続きを読む...

ガヤルドで花開くまで「スモールランボルギーニ」は苦難の連続! V8搭載の「不遇」の3台とは

この記事をまとめると ■ランボルギーニは飛躍の秘策としてコンパクトなV8搭載の2+2モデルの販売を計画 ■ウラッコ、シルエット、ジャルパと続いたスモール・ランボルギーニは成功しなかった ■現在のランボルギーニは売上の多く...

続きを読む...

ランボルギーニのSUVは「ウルス」が最初じゃない! 「LM002」と「チータ」という「衝撃作」2台の中身

この記事をまとめると ■ランボルギーニはかつてアメリカ陸軍用車両としてオフローダーの「チータ」を開発 ■軍用プロトタイプの「チータ」をベースに4台のLMシリーズ(LM001〜004)を製作 ■最終的に市販化まで辿り着いた...

続きを読む...

ウン千万円の走る「住宅」! 「ロールス」「ランボ」「ベントレー」「マイバッハ」の超豪華SUVを選ぶならドレが正解?

本物の「砂漠のロールスロイス」たるカリナンが他を一歩リード!?  高級車ブランドからここ数年、続々とSUVが誕生している。今回はロールスロイス・カリナン、ベントレー・ベンテイガ、ランボルギーニ・ウルス、メルセデス・マイバ...

続きを読む...

「国境」どころか「大陸」を越えた兄弟も! キャラや見た目が違いすぎる「プラットフォーム共用」のクルマ5組10台!

セグメントの枠を超えて採用されるものも!  クルマ好きの間では、よく「プラットフォームが同じだから……」という会話があるはずだ。自動車メーカーはコストダウンの目的もあって、ひとつのプラットフォームをいろいろなクルマに採用...

続きを読む...

ロールスにベントレー! 超高級SUV飽和状態のなかでも「ランボルギーニ・ウルス」がバカ売れするワケ

本社工場を拡張し生産性をアップ!  ランボルギーニは2020年7月21日、同社がスーパーSUVと呼ぶ「ウルス」が製造開始から1万台目のラインオフをしたと発表した。買い手はロシア在住者で、Nero Noctis Mattと...

続きを読む...

デイリーランキング