スズキ・スペーシアシリーズが一部改良! 安全装備充実と新しいボディカラーなど追加

スズキ・スペーシアシリーズが一部改良! 安全装備充実と新しいボディカラーなど追加

それぞれ新色を追加したことで各車の個性をさらに際立たせた

 スズキは、スーパーハイト軽「スペーシア」シリーズの一部仕様変更を実施。安全装備を充実させ、8月20日より発売した。メーカー希望小売価格(税込み)は、スペーシア:138万500円(ハイブリッドG/2WD)〜164万7800円(DPFハイブリッドX/4WD)、スペーシア カスタム:164万8900円(ハイブリッドGS/2WD)〜195万9100円(ハイブリッドXSターボ/4WD)、スペーシア ギア:168万7400円(ハイブリッドXZ/2WD)〜188万4300円(ハイブリッドXZターボ/4WD)。

 今回の一部改良では、夜間の歩行者も検知可能なデュアルカメラブレーキサポートとSRSカーテンエアバッグを標準化。さらに、全車速追従機能付きアダプティブクルーズコントロールを、スペーシアハイブリッドXアップグレードパッケージ、スペーシア カスタム、スペーシア ギアへ新たに採用した。そのほか道路標識を認識する機能を向上。車両進入禁止に加えてはみ出し通行禁止、法定速度、一時停止も認識するように仕様変更したことで、スズキ・セーフティサポートの機能をさらに充実させている。

デュアルセンサーブレーキサポートのイメージ

 また、USB電源ソケットを2個、スペーシアハイブリッドGを除いて、時間調整付きフロント間欠ワイパーをそれぞれ追加している。

 そのほか、各車のボディカラーを一新している。スぺーシアは、クールカーキパールメタリックを新設定。ハイブリッドXはクールカーキパールメタリックとシフォンアイボリーメタリックに、ホワイトの2トーンルーフ仕様を追加している。これにより、全9色13パターンが用意される。

シフォンアイボリーメタリック・ホワイト2トーンルーフ仕様

 スペーシア カスタムは、ハイブリッドXSならびにハイブリッドXSターボに、スチールシルバーブラック 2トーンルーフ仕様を新設定し、全7色11パターンのラインアップになった。

スチールシルバーメタリック ブラック2トーンルーフ

 SUVテイストもプラスされるスペーシア ギアは、シフォンアイボリーメタリックを新設定。クールカーキパールメタリック、デニムブルーメタリックにガンメタリック2トーンルーフ仕様を新設定し、全部で9パターンから選択可能とした。

新色のシフォンアイボリーメタリック

画像ギャラリー