一度経験したらもう「後戻り」はできない! トヨタ・日産・ホンダの「繋がるクルマ」のお役立ち度と値段の比較 (1/2ページ)

一度経験したらもう「後戻り」はできない! トヨタ・日産・ホンダの「繋がるクルマ」のお役立ち度と値段の比較

今後はさらに採用するメーカーや車種が拡大されていきそうだ

 国産自動車メーカーの通信技術スタッフと話をしたときのこと。彼いわく、今後の新型車には、通信機能が不可欠。いや、通信機能の搭載が常識となる……というのだ。

 自動運転でも欠かせない通信機能は、今や軽自動車、コンパクトカーから高級車まで、さまざまなクルマに搭載されている。その機能でとくに注目すべきは、ヘルプネット、SOSコールと呼ばれるものだ。昨今、高齢者の事故やあおり運転被害などがニュースになっているが、緊急通報システムのヘルプネット、SOSコールはドライバー、乗員に絶大なる安心をもたらし、それこそ命を救ってくれることさえあるのだから、クルマの先進機能としてのプライオリティーはもはや極めて高いものになっていると言っていい。

【関連記事】一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

自動車のヘルプネットのスイッチ画像はこちら

 そんな緊急通報システムのヘルプネット、SOSコールは、車載通信機器(DCM/SIM)と前席部分にあるマイクとスピーカーで構成され、車種によって標準装備とオプションの設定に分かれる。また、ヘルプネット、SOSコールは任意でオペレーターに接続し、さまざまなサービスが受けられ、緊急事態では警察や消防への取次などを行ってくれるほか、エアバッグの展開と連動し、たとえドライバー、乗員が意識を失っていても、オペレーターに自動通報される仕組みになっている。

エアバッグの展開のイメージ画像はこちら

 現在ヘルプネット、SOSコールの利用が可能な国産自動車メーカーは、レクサス、トヨタ、日産、ホンダ、マツダで、レクサスはほぼ全車に標準装備。トヨタはアルファード、ヴェルファイア、カムリ、カローラ、カローラスポーツ、カローラツーリング、グランエース、クラウン、C-HR、プリウス、プリウスPHV、ヤリス、RAV4、ハリアーなどに標準装備され、オプション設定としている車種も、シエンタやヴォクシー、ノアなど数多い。

カローラのイメージ画像はこちら

 デイズに軽自動車としてヘルプネット、SOSコールを初搭載して話題になった日産は、その後ルークス、キックス、プロパイロット2.0搭載車に標準装備(デイズはオプション設定)。マツダはマツダ3、CX-30に標準装備。ホンダは基本的にほぼ全車にオプション設定としている(2020年6月現在)。時代の流れとしては、これから順次ヘルプネット、SOSコールを採用するメーカー、車種が拡大されていくことは車載通信機器(DCM/SIM)の搭載とともに間違いないだろう。

デイズのイメージ画像はこちら

画像ギャラリー