最先端技術を満載! メルセデス・ベンツの中核を担うEクラスが大幅刷新 (1/3ページ)

noteで書く
最先端技術を満載! メルセデス・ベンツの中核を担うEクラスが大幅刷新

Eクラスから採用する新世代ステアリングに注目

 メルセデス・ベンツ日本は、プレミアムセダン&ワゴン「Eクラス」を大幅刷新し、予約受注を開始した。納車は2020年9月より順次開始される予定だ。

 Eクラスは1946年に発表したW136/191型以降、世界で累計1400万台以上の販売台数を誇るメルセデス・ベンツを代表する1台。現行モデルは2016年に登場し、今回の大幅刷新で新世代ステアリングホイールを初採用したほか、MBUXや安全運転支援システムを最新仕様にアップデート。さらにデザインも刷新して生まれ変わっている。

 まずはエクステリアデザイン。E450 4MATIC エクスクルーシブとE220d 4MATIC オールテレイン、そしてメルセデスAMGモデルを除いて全グレードでAMGラインエクステリアが標準装備に。スポーティセダンの雰囲気を強めている。

【関連記事】【ムービー】ドリキン土屋圭市がメルセデスAMG E63 Sで超絶ドリフトを披露!

E200スポーツのフロントスタイリング画像はこちら

 ヘッドライトは最新のメルセデス・ベンツのスポーティモデルに共通した上下方向に薄く、わずかに切れ上がったスタイリッシュなデザインを採用。ラジエターグリルも下側に広がる台形タイプとなり、クローム仕立てのダイヤモンドグリルとなっている。

新型Eクラスのヘッドライトイメージ画像はこちら

 なお、E450 4MATIC エクスクルーシブは、メルセデス・ベンツ伝統のスリーポインテッドスターがボンネットマスコットとして、フロント部に鎮座。存在感と高級感、そしてなによりメルセデス・ベンツを所有している喜びを味わうことができるはずだ。

E450のフロントスタイリング画像はこちら

 リヤまわりも、新デザインの2分割型テールランプを採用。外側に向かって上下の幅が広がる形状となり、ボディのワイドさやダイナミックさを強調させている。

Eクラスセダンのリヤビューイメージ画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報