モノコック全盛でも消えない! 本格クロカン4WD車が「ラダーフレーム」を採用し続けるワケ

モノコック全盛でも消えない! 本格クロカン4WD車が「ラダーフレーム」を採用し続けるワケ

頑丈さと耐久性に優れた梯子状のラダーフレーム構造

 ラダーフレームは、日本語で表すと梯子型の枠という意味になる。クルマの床構造であり、これにサスペンションを取り付けたり、エンジンを載せたりして、その上に客室を載せる。馬車の時代から引き継ぐ骨格構造だ。ひとつのフレーム構造のうえに、さまざまな客室を載せ、車種を広げることができる。トラックの荷台も、この方式といえる。トラックメーカーは、フレームと、サスペンションやエンジン、運転席のある客室だけを主につくり、荷台は専門メーカーが用途に応じて様々な形態で載せている。

 乗用車では、悪路走破を最大の目的とした4輪駆動車で今日も採用されている。トヨタ・ランドクルーザーや、スズキ・ジムニーがこの方式を採用する。輸入車では、メルセデス・ベンツGクラスや、ジープ・ラングラーがこの構造だ。

【関連記事】なんちゃってヨンクだらけの今こそ乗りたい「悪路御用達」の男前国産SUV4選

ラングラーのフロント画像はこちら

 梯子状の頑丈なフレーム構造により、悪路でのタイヤの上下動や、岩や倒木などを乗り越えたときの強い衝撃を受け止め、頑丈さと耐久性に優れるのが特徴だ。万一、それでもフレームが曲がったり破損したりするなどの故障が生じたときには、フレームだけ修正することができ、上の客室はそのまま使える。

 一方で、フレームを頑丈に作るため、車体が重くなる傾向になる。高速走行や燃費の点で、ほかの乗用車が用いるモノコック構造にやや劣る。モノコックとは、箱型の車体を床も含め一体でつくり、床の部分は必要に応じて強化した構造だ。箱型にしたほうが、薄い板の組み合わせでも、分厚い一枚の板より曲げにくくなる。隣り合う板が互いに補強しあい、また力を分散して強さを確保することを利用した車体構造が、モノコックだ。

 悪路走破を目的とした4輪駆動車でも、最新のディフェンダーはモノコック構造の車体へ切り替えた。あるいは、生産を終えた三菱自のパジェロは、ラダーフレームとモノコックの利点を併せ持つ、ビルトインフレームへ最終世代で変更されている。

パジェロのフロント画像はこちら

 どの構造が良いか悪いか、あるいは上か下かということではなく、用途に応じたフレームや車体構造であることが重要だ。

 道なき荒野や密林、山岳地帯などで使うことを想定した4輪駆動車は、人家や修理工場もないような場所で不測の事態が起きても、走り続け、命を守れることが大重要課題であり、ラダーフレームを採用し続けている。地球上には、未開の地がまだ残されている。その結果、ラダーフレームを採用する4輪駆動車は永年にわたり販売が続けられ、なくなることはないだろう。

 一方、モノコック構造を採用するSUV(スポーツ多目的車)は、時代の変化によって姿を消す可能性がある。ビルトインフレーム構造を採用したパジェロも、結局、生産を終えた。モノコック構造に切り替えた新型ディフェンダーは、長生きできるだろうか。

ディフェンダーのイメージ画像はこちら

名前:
御堀直嗣
肩書き:
フリーランスライター/2022-2023日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員
現在の愛車:
2009年型トヨタ・プリウス
趣味:
乗馬、読書
好きな有名人:
池波正太郎、山本周五郎、柳家小三治

画像ギャラリー


新着情報