手軽に遊べる京商エッグのラジコン「ファーストミニッツ」最新作としてパトカー&消防車発売

noteで書く
手軽に遊べる京商エッグのラジコン「ファーストミニッツ」最新作としてパトカー&消防車発売

そのままディスプレイしてもカッコいいボディにも注目

 小さな子どもから大人も満足な本格的なものまで、多彩なR/Cカーやモデルカーをラインアップする京商。同社の「京商エッグブランド」最新作として、手のひらサイズのR/Cカー「ファーストミニッツ」の第2弾が発売される。NSXのパトカーと消防車の2台だ。

 ファーストミニッツシリーズは、誰もがR/Cカーを走らせる魅力を味わえるよう、「新リアルドライブ機構」「モード切替」「自宅でタイムアタック」という3テーマに重点を置いて開発している。

 シャシー本体は走行時の衝撃を吸収する前後サスペンション、しっかり路面を掴むゴムタイヤを採用。初めてでも安定した走りを楽しむことが可能。また、そのまま飾っておいてもカッコいい完成済みのボディも人気のひとつだ。

 新リアルドライブ機構は、コントローラーのステアリングのハンドルを少し回すと切れ角が少なく大回りし、たくさん回せば小回りする。さらに、スロットルトリガーを少し引けば低速、たくさん引けば高速で走れるなど、実車同様の感覚で“操る楽しさ”を存分に体感できる。

【関連記事】手軽に本格ラジコンの楽しさを味わえるKYOSHO ファーストミニッツが好評発売中

ファーストミニッツのドライブ機構の解説画像はこちら

 また、7km/hのトレーニングモードと10km/hのレースモードをコントローラーで簡単に切り替え可能。練習したいときや存分に走らせたいときに、最適なモードへ切り替えられるのは嬉しいだろう。さらに、コントローラーにはストップウォッチが内蔵されているので、同梱のパイロンを使ってレースを楽しんだり練習したりする、といった遊び方ができるのもファーストミニッツの魅力だ。

ストップウォッチ機能付きのコントローラー画像はこちら

 今回発売される2台のうち、1台目は栃木県警察本部高速道路交通機動隊に配備されているホンダNSXのパトロールカー(4980円+税)。NSXはオールアルミのモノコックシャシーを採用した本格的なスポーツカー。栃木県で生産されていたこともあり、栃木県警へ1992年に寄贈されている。ルーフの赤色警告灯もLEDライト内蔵で流れるように点灯。パイロンも同梱されているので、スラローム走行なども楽しめる。

NSXのパトカーのラジコン画像はこちら

 もう1台は、モリタ消防車 CD-I型ミラクルLight(4980円+税)。普通免許でも運転できる3.5トン未満のポンプ車で、必要な動力装置を新たに設けており、A-2級ポンプ性能を実現したモデルだ。こちらもパトカー同様に赤色灯がLEDライトで点灯。各県の名前がデザインされたデカールも付属されており、出身や今住んでいる地域など、好みに合わせてディテールアップさせることも可能だ。

消防車のラジコン画像はこちら

 新品アルカリ乾電池を用いれば約60分走行可能。12台同時に走れるので、たくさんの友達と一緒に走らせるのも楽しいだろう。ラジコンを始めてみたいひとや、久しぶりにラジコンを楽しみたいという人などにもオススメだ。

画像ギャラリー


新着情報