ボルボXC40は電動車でもモーター感なし! ただパワフルで高級な「奥ゆかしい」SUV【試乗】 (1/2ページ)

noteで書く
ボルボXC40は電動車でもモーター感なし! ただパワフルで高級な「奥ゆかしい」SUV【試乗】

48Vのマイルドハイブリッドを搭載したXC40

 いまボルボは大きく変わろうとしている。というのも、ボルボは2019年から発売するすべてのクルマを電動車にすると宣言した。純然たる電気自動車であるEVと、プラグインハイブリッドを「リチャージ」と命名、一方48VのISGMを基本としたハイブリッドを「マイルドハイブリッド」としてカテゴリー分けし、その両方、つまり、内燃機関に頼ったモデルとの決別を発表した。

【関連記事】輸入車はベンツ・BMW・アウディだけじゃない! 意識高い系に選んで欲しいドイツ車以外の欧州車4選

ボルボXC40 B5のフロントスタイリング画像はこちら

 ここで紹介するのは、最新XC40。正式名称は「XC40 B5 AWD R-Design」である。

 ちなみに、XC40には「B4」と「B5」のグレードが存在する。ともに直列4気筒2リッターターボを基本とし、48VのISGMと組み合わせたハイブリッドであることには違いはないが、よりパワーアップさせたのが「B5」である。出力の違いでグレード分けしている。

ボルボXC40 B5のリヤスタイリング画像はこちら

 さらに付け加えるならば、ベーシック仕様を「モメンタム」と呼び、高級仕様を「インスクリプション」と命名、そしてスポーツ志向の強いモデルを「R-Design」としている。ボルボの個性を表現する流儀である。

 その肝心なパワーユニットは、内燃機関を主体としていながらも、クランクと直結した48VのISGM(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター・モジュール)が、常に加速をアシストするのが特徴だ。モーターだけでは駆動しない。あくまでエンジンのサポート役でしかない。それがトヨタのTHS2に代表されるストロングハイブリッドとの違いである。

ボルボXC40 B5のエンジン画像はこちら

 アイドルストップからの発進は、いちいちスターターでエンジンを始動させず、クランクに直結したISGMがそのまま駆動するから、始動の際のブルブルした不快感がない。

画像ギャラリー


新着情報