C-HRがあるのにヤリス クロスって必要? 「悩ましく」みえてじつは「キャラかぶり」してない両車の選び方 (1/2ページ)

C-HRがあるのにヤリス クロスって必要? 「悩ましく」みえてじつは「キャラかぶり」してない両車の選び方

キャラクターはしっかり差別化されている

 トヨタのクロスオーバーSUV戦略は、まさに絶賛進軍の真っ最中。下はライズから、ヤリスクロス、C-HR、ハリアー、RAV4などと、見事な品揃えで、それぞれのユーザーにぴったりの選択肢を与えてくれているようだ。

 しかし、そのヒエラルキーこそ、価格、サイズで絶妙に守られているとはいえ、最新のヤリスクロスと、今だに人気の高いC-HRがキャラかぶりしていないか、サイズ的にそう大きな違いがないことから、心配する声がちらほら上がって当然だろう。

トヨタC-HRのフロントスタイリング

 そこで、両車のキャラクター、サイズ、使い勝手などを横比較。そうすれば、キャラがかぶっているのか、いや、かぶっていないかが、はっきりするはずである。

 先に結論から言ってしまうと、さすがトヨタ、絶妙にキャラかぶりしないような商品展開を死守しているではないか。

トヨタ・ヤリスクロスのフロントスタイリング

 まず、ヤリスクロスは、コンパクトカーのヤリスをベースにしている。ボディサイズは全長4180×全幅1765×全高1590mm、ホイールベース2560mmだ。そのSUVらしい顔つきから、ミニRAV4を想像できる人もいるはずだ。一方、C-HRはプリウスベースで、そこからしてクラスは上。ボディサイズは全長4385×全幅1795×全高1550mm、ホイールベース2640mmと、実際のサイズより立派に見えるヤリスクロスと見た目の印象はともかく、クラスが違う。

トヨタ・ヤリスクロスのリヤスタイリング

 両車のクロスオーバーSUVとしてのキャラクターも大きく異なる。HVとガソリン車を用意するヤリスクロスは最低地上高が全車170mmと余裕があり、全グレードに2WDと4WDを設定。ガソリン4WDにはトヨタ自慢の4WDシステム、ダイナミックトルクコントロール4WDが、MUD& SAND、NORMAL、ROCK&DIRTの切り替えが可能なマルチテレインセレクトとともに備わり、本格悪路用ではないにしても、そこそこ頼りになる走破性の持ち主だ。

トヨタ・ヤリスクロスの4WDシステム

 一方、HVとガソリンターボを揃えるC-HRはそのエクステリアデザインからも推察できるように、デザイナーズクロスオーバーと呼べるスタイル命!! のモデルであり、最低地上高は140mmと一般的な乗用車並みでしかない(ガソリンのみ155mm)。また、HVは2WDのみの設定となる。ガソリンターボにCVTとともに6速MTを用意するあたりも含め、オフロードの走破性より、オンロードの走りの楽しさを重視しているクルマと言っていい。

トヨタC-HRのリヤスタイリング

 燃費性能はプリウスベースのC-HRのほうが健闘しているようにも思えるが、やはり基本設計の新しさがモノを言い、よりコンパクトで軽量なヤリスクロスが圧勝する。具体的なWLTCモード燃費は、ヤリスクロスのHV 2WD(イチオシグレード)で最高30.8km/L、ガソリン2WDで最高20.2km/L。C-HRはHV 2WDで最高25.8km/L、ガソリンターボ2WDで最高15.4km/Lでしかないのだ。

画像ギャラリー