中古車販売店に直撃! 10万キロ超えハイブリッド車の「バッテリートラブル」はある?

中古車販売店に直撃! 10万キロ超えハイブリッド車の「バッテリートラブル」はある?

ハイブリッドバッテリーはEVに比べて負担が少ない

 1997年に量産車初のハイブリッドカーとしてトヨタの初代プリウスが発売されてから早20年以上。当時は特別感のあったハイブリッドカーも、いまでは軽自動車からミニバン、SUVに至るまで当たり前のようにラインアップされるようになっている。

初代プリウス

 電気の力でモーターを動かすことで、内燃機関が苦手とする発進加速などをアシストし、燃費性能を向上させてくれるのが最大の魅力であるハイブリッドカーではあるが、それだけに気になるのが駆動用バッテリーの劣化ではないだろうか?

ハイブリッドカーの仕組み

 そこで今回、中古ハイブリッドカーを多く取り扱う中古車販売店に、過走行のハイブリッドカーの駆動バッテリーについてお話をうかがってきた。

 もともとの新車価格が高くなってしまうハイブリッドカーだけに中古車としての需要は少なくなく、車種にもよるが比較的価格がこなれてくる7万キロ前後くらいがよく売れるということだが、駆動用バッテリーのトラブルはどのくらいあるのだろうか?

 結論から先に言うと、先代プリウス(三代目)くらいの年式からはハイブリッドバッテリーの信頼性も格段に向上しており、10万キロ程度でバッテリーの交換が必要になるケースはほとんどない、というのが実情とのことだった。

 そもそもハイブリッドカーのバッテリーは電気自動車のバッテリーとは異なり、バッテリーを限界まで酷使するというシチュエーションが少ないため、バッテリーへの負担が少ない。そのため、劣化のスピードも圧倒的に緩やかというワケだ。

エンジンモニター

 もちろんこれは乗り方によっても変わってくるので、絶対に10万キロ持つというワケではないが、バッテリー交換が必要になるレベルまで劣化するには、15万~20万キロほどの走行距離が必要になるだろうとのことだった。

 そしてもし、バッテリー交換が必要な状態になったとしても、現在ではリビルド品が新品の半額程度(プリウスでおよそ7~10万円前後)で購入できるので、バッテリー交換で何十万円もの出費というのはもはや過去のこととなっているようだ。

画像ギャラリー