アフター要らずの衝撃! あまりにカッコイイ国産6メーカーの純正ホイールとは (1/2ページ)

アフター要らずの衝撃! あまりにカッコイイ国産6メーカーの純正ホイールとは

軽量化と高剛性を追求した結果スポークの本数が増えたモデルも!

 クルマの印象を大きく左右し、ドレスアップ効果も大きいホイール。かっこいいホイール=社外品というイメージもあるが、純正装着ホイールのなかにも、名品、逸品はいくつかある。

 各メーカーの純正ホイールのなかでも、一目置かれたホイールを振り返ってみよう。

1)日産

 純正ホイールで魅力的なホイールといえば、やっぱり日産。

 とくにR32GT-Rの純正16インチは、力強い5本スポーク+渋いガンメタリックの塗装で当時大人気。純正なのに鍛造で、軽くて高剛性。機能的に優れたホイールとして好評だった。

【関連記事】いまや20インチも当たり前! 自動車メーカーが進める大径偏平タイヤ化のメリットとは

日産R32GT-Rのフロントスタイリング画像はこちら

 またR35GT-Rのホイールも、ハイパフォーマンス車の足もとを支える重要なパーツとして凝ったもの。日本の名門ホイールメーカー、レイズ製の20インチで、初期型は7本スポークのワンピース。コンケイブを取り入れ、人気があった。中期型からは10本スポーク、後期型からはラフメッシュとなり、現行型ではメッシュデザインに。軽量高剛性を追求していった結果、スポークの本数が増えてきたと日産側は説明している。

R35GT-Rのホイール画像はこちら

 そのほか、フェアレディZ(Z34)の19インチホイールも、レイズ製の鍛造ホイールで、クオリティが高い。

日産Z34型フェアレディZのフロントスタイリング画像はこちら

2)トヨタ

 トヨタではレクサスGSの純正BBSなどがかっこいい。レクサスでは、ほかにもIS F、RC  F、 LS F SPORTなどが、BBSを履いている。また、ミニバンのヴォクシーやノアの特別仕様車にもBBSの鍛造が!

レクサスGSF画像はこちら

 GRスープラの19インチホイールも鍛造で、ポリッシュ加工→マスキング→ブラック塗装という工程を経た手の込んだもの。もちろん高剛性と軽量化を両立させている。

GRスープラのホイール画像はこちら

3)スバル

 スバルといえば、WRブルーのボディにゴールドのホイールの組み合わせがベスト。インプレッサWRX STIの純正BBSをはじめ、BBSを履いている車種は多い。

インプレッサWRX STIのフロントスタイリング画像はこちら

 グループA時代は、OZレーシングかスピードラインのゴールドホイール、というイメージが強かったが、最近はスバル=BBSの組み合わせが定番だ。

 WRX STI EJ20 Final Editionの19インチもBBSの鍛造で、ゴールドに仕上げられていた。

WRX STI EJ20 Final Editionのフロントスタイリング画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報