祝レンジローバー50周年! 装備を充実させた記念モデル3種が登場

祝レンジローバー50周年! 装備を充実させた記念モデル3種が登場

魅力的な装備を満載した日本だけのスペシャルモデル

 ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、人気モデル「レンジローバー」の誕生50周年を記念した特別仕様車「50th Collection」を設定。11月2日より受注を開始した。

 今回の特別仕様車が設定されたのは、レンジローバーが20台、レンジローバー・スポーツが60台、レンジローバー・イヴォークが150台。この3モデルは、2020年9月に受注を開始した「レンジローバー・フィフティ」に続く、50周年を記念した特別仕様車。日本市場向けに独自設定したモデルとなっている。

 レンジローバー50th Collectionは、2021年モデルに設定する限定グレード「WESTMINSTER」がベース。パノラミックルーフやメリディアン・サラウンドオーディオシステム、スエードクロスヘッドライニング、イルミネーテッドドレッドプレートなどの充実した装備を採用している。これに加え、特別仕様車のために22インチホイール「スタイル5044”5スプリットスポーク(グロスシルバーフィニッシュ)」や、ボディカラーによって異なるシャドーウォールナットやグランドブラックのパネルなどをプラス。さらに重厚な雰囲気に仕立てている。ボディカラーはポルトフィーノブルー、フジホワイトの2色から選択可能だ。

【関連記事】【試乗】MHEVに先進装備! 8年ぶりに生まれ変わった新型レンジローバー・イヴォーク

レンジローバー50th Collection(ホワイト)画像はこちら

 レンジローバー・スポーツ50th Collectionは、マイルドハイブリッドを組み合わせる、直6ディーゼルエンジンを搭載するSEがベース。ブラックエクステリアパック、21インチホイール「スタイル9001”9スポーク(グロスブラックフィニッシュ)」を採用したことで精悍なルックスに変身。このほかにもパワージェスチャーテールゲート、ヒーター付きステアリングホイールなども標準装備としたことで、機能性も高めている。ボディカラーはハクバシルバー、フジホワイトの2色を用意。

レンジローバー・スポーツ50th Collection画像はこちら

 レンジローバー・イヴォーク50th Collectionは、現行モデルにフルモデルチェンジしてから初めての特別仕様車となる。R-DYNAMIC S」をベースモデルとし、ドライバーアシストパックやブラックエクステリアパックなど、魅力的な機能や装備を満載している。ボディカラーはユーロンホワイト、サントリーニブラック、ソウルパールシルバー、フィレンツェレッドの4色展開だ。

レンジローバー・イヴォーク 50th Collection画像はこちら

 なお、どのモデルにも50th Collectionのロゴがデザインされたスペシャルステッカーが付き、スペシャルモデルであることを実感させる。各モデルの車両価格(税込み)は、下記の通り。

スペシャルステッカー画像はこちら

●レンジローバー50th Collection
ポルトフィーノブルー(5台限定) 1580万円
フジホワイト(15台限定) 1580万円

●レンジローバー・スポーツ50th Collection
ハクバシルバー(20台限定) 1010万円
フジホワイト(40台限定) 999万9000円

●レンジローバー・イヴォーク50th Collection
ユーロンホワイト(74台限定) 749万円
サントリーニブラック(39台限定) 749万円
ソウルパールシルバー(29台限定) 749万円
フィレンツェレッド(8台限定) 749万円

画像ギャラリー