最初は「イロモノ」扱いも気づけば「ベンチマーク」に! 世界に影響を与えたプリウスやリーフは偉大だった (1/2ページ)

最初は「イロモノ」扱いも気づけば「ベンチマーク」に! 世界に影響を与えたプリウスやリーフは偉大だった

欧米系の次世代エコカーが花盛り

 最近、日本で発売される輸入車で一気に電動化が進んでいる印象がある。メルセデス・ベンツのEQシリーズが続々登場。ポルシェは日本では出力150kW急速充電に対応する高級EV「タイカン」が誕生した。

【関連記事】あれ? 思ったほど伸びない……ハイブリッドなのに驚くほど燃費が良くない国産車6選

メルセデス・ベンツEQC画像はこちら

 BMWもiシリーズを皮切りに電動化戦略を推進し、プラグインハイブリッド車のラインアップを拡充している段階だ。

BMWの電動車シリーズ画像はこちら

 アメリカに目を移すと、テスラ「モデル3」がブレイク。大量のバックオーダーを抱えながらも生産体制が整い、直近では「モデル3」のアメリカ国内販売が月間3万台を超えた。これは、日系メーカーの北米ドル箱である「カムリ」「カローラ」「シビック」「アコード」を凌ぐほどの勢いである。

テスラ・モデル3画像はこちら

 また、SUV系でも電動化の波を押し寄せている。筆頭は、GMC「ハマーEV」だ。GMが独自開発したEVプラットフォーム・アルティウムを採用した量産第一号となる。前後それぞれにモーターを持つ4WDで、最大出力は1000馬力という強烈さだ。

ハマーEV画像はこちら

 仏PSAとの合併が正式に決まった、FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)では、ジープブランドの電動化が加速しそうだ。日本でも「レネゲート 4×e」導入が発表されたばかり。同社幹部は「グランドチェロキーを含めて、各モデルで電動化を加速させる」と言い切る。こうしたなかで、日本のハイブリッド車やEVは欧米でどのような評判なのか?

レネゲード4×e画像はこちら

画像ギャラリー