輸入車には多数あるのにナゼ? 国産SUVに「激速モデル」が登場しない理由 (1/2ページ)

輸入車には多数あるのにナゼ? 国産SUVに「激速モデル」が登場しない理由

話題のワークスコンプリートもエンジンには手を加えていない

 言われてみると、確かにない。

 日本のSUVで、パフォーマンス系モデルにほとんどお目にかからない。実際、メーカー系のチューニングブランドを見まわしてみると、トヨタGAZOO RacingのGRラインアップにC-HRがある。とはいえ、あくまでもボディとシャシーをライトチューニングしたGR SPORTに留まっている。GRヤリスのような、エンジンや駆動系まで本格的に手を加えてはいない。

C-HR GR SPORT画像はこちら

 また、日系チューニングブランドの筆頭であるSUBARU STIでも、フォレスターのパフォーマンスパーツとして、ボディ系ではストラットタワーバー、また排気系ではマフラーに留まる。スバル本体のモデルラインアップでも、フォレスターにはSTI Sportとしての用意はない。そのSTI Sportについても、ほぼ日本専用車であるレヴォーグにおいては、キモは電子制御サスペンションやアイサイトXであり、パワートレインのハイパフォーマンス化が主体ではない。

フォレスターのSTIパフォーマンスパーツ装着車画像はこちら

 日系で唯一のハイパフォーマンスSUVといえば……。日産「ジューク R」だ。Rの名が示すとおり、パワートレインはGT-RのVR38DETTで、トランスアクスル4WDをパドルシフト付き6速DCTでダイレクトな走りを楽しむ。初号機が480馬力で、英国グッドウッド・フェスティバルに登場したジュークR2.0では599馬力に進化し、最高速度は266km/h、0-100km/h加速が3秒というお化けジュークだ。

ジュークR2.0画像はこちら

 筆者は2013年、ジュークR初号機をカリフォルニアで試乗したが、ズッシリとした重量感と強烈な乗り味をいまでも忘れていない。限定発売の価格は5000万円級という、超レアな日系SUVであった。

画像ギャラリー