お買い得な「型落ち」のスタッドレスタイヤという選択はアリか? (1/2ページ)

お買い得な「型落ち」のスタッドレスタイヤという選択はアリか?

3年間は新品時と同等の性能を保つとされている!

 今年は雪の降り始めが早く、初雪の便りを聞いて、 慌ててスタッドレスタイヤを買いに行った人もいただろう。

 スタッドレスタイヤは毎年のように新製品が登場するので、去年の製品が在庫として残っていれば、かなりバーゲンプライスでお買い得になっているが、劣化は心配ないのだろうか? スタッドレスタイヤの寿命は3シーズンといわれているので、未使用の新品でも1年落ちのタイヤというのは?

 結論からいうと、適正に保管されていた未使用のスタッドレスタイヤなら、3年間は新品時と同等の性能をキープしているので問題ない。

【関連記事】スタッドレスタイヤは「安いものを毎年買う」or「高価なものを数年使う」どちらが正解?

スタッドレスタイヤを装着するスバルWRX STI画像はこちら

 実際、ブリヂストンでは、「保管期間と氷上制動距離の関係」のテストも行っていて、結果を同社のホームページに公開しているが(https://tire.bridgestone.co.jp/about/maintenance/keeping/index.html)、その実験からも「適正に保管された新品スタッドレスタイヤは、3年間は同等の性能を保つことが確認されています。スタッドレスタイヤとしての使用開始後の性能保証は50%摩耗(プラットホーム露出)迄です」と結論づけている。

名前:
藤田竜太
肩書き:
モータリングライター
現在の愛車:
日産スカイラインGT-R(R32)/ユーノス・ロードスター(NA6)
趣味:
-
好きな有名人:
-

画像ギャラリー


新着情報