京商SAMURAI最新作「マツダ・ファミリア」発売! 若者に支持された名車が18分の1スケールでモデル化

京商SAMURAI最新作「マツダ・ファミリア」発売! 若者に支持された名車が18分の1スケールでモデル化

人気だった真っ赤なボディカラーをモデル化

 魅力的なモデルカーやRCカーなど、世界中のファンから愛されるホビーアイテムを多数取り揃える京商。同社の人気モデルカーシリーズ「SAMURAI」の最新作として、「マツダ・ファミリア」が発売される。世界限定700台で、1万8000円(税込み)。

 SAMURAIは、18分の1スケールもしくは12分の1スケールで、日本の名車を忠実に再現した人気シリーズ。大型サイズだが開閉機構は省くことで、細部まで徹底して再現することで実車の雰囲気を自宅でも味わうことができるとして、国内はもちろん海外のファンからも支持されている。

 今回モデル化されたのは、1980年に登場したマツダ・ファミリア(5代目・BD型)だ。第1回日本カー・オブ・ザ・イヤーの大賞に輝いた、記念すべきモデルでもある。マツダ車として初めてのエンジン横置きのFF車であり、直4 1.3/1.5のほか、1.5Lターボも設定された。そのほか新規開発されたプラットフォーム、4輪ストラットサスペンションなど、贅沢な作り込みも話題となった。真っ赤なボディのファミリアは若者にも人気となったことでも注目を集めた。

【関連記事】【バブル世代】デートカーブームに火を付けた懐かしいクルマたち!

マツダ・ファミリアのフロントイメージ画像はこちら

 モデルカーでは、直線的なボディラインをはじめ、四角いヘッドライトから続くフロントグリル、同じく四角いテールランプなどファミリアらしいディテールは忠実に再現。ボディサイドのメッキモールも再現するこだわりっぷりだ。もちろん、フェンダーミラーも備わっている。

マツダ・ファミリアのリヤビュー画像はこちら

 インテリアは個性的なデザインを採用したインパネや、2トーンのシートなども忠実に再現。ドアを開けてしっかりと眺めたくなる仕上がりだ。もちろん細かなエンブレムなども実車同様。ぜひ、当時乗っていた人や憧れていた人は手に入れてみてはいかがだろうか。

マツダ・ファミリアのインテリア画像はこちら

◆商品概要
【商品名】1/18スケール レジンモデル MAZDA FAMILIA
【発売日】2020年12月1日
【メーカー希望小売価格】1万8000円(税抜き)
【発売】全国のミニカー販売店 またはインターネット販売
【素材】レジンモデル
【ギミック】開閉機構なし
【カラー】レッド
【世界限定数】700個
【WEBページ】
https://dc.kyosho.com/ja/ksr18049r.html

画像ギャラリー