いまクルマの「再塗装」価格が高騰! そのお値段とは?

いまクルマの「再塗装」価格が高騰! そのお値段とは?

全塗装は仕上げに凝ると100万円を突破することも!

 キズが増えてきたとか、凹んではいないけど、塗装にキズを付けてしまった。さらには気分を変えるために、全塗装をしたいという場合、鈑金はしないとしていくらぐらいかかるのだろうか。

 以前であればパネル1枚3万円が目安と言われていたが、補修となるとけっこうかかるのが実際だ。パネル1枚あたりで5万円から10万円ぐらいだろうか。理由は塗料などの材料費だけでなく、人手不足による人件費の高騰。さらには色味が凝ったものが増えて色合わせがとてもしにくくなっていることや、塗り方に技術がいるなどさまざまだ。

【関連記事】じつは塗料は基本同じ! 高級車のボディカラーが色褪せない理由とは

凝ったボディカラー画像はこちら

 さらに実際には素人目にはキズだけのように見えても、鉄板にもダメージがいっていることも多く、鈑金も必要となって、パテ埋めで済む程度でもけっこうな上乗せになる。実際、修理に出して予想以上の請求で驚いたことがある人も多いのではないだろうか。

 一方の全塗装だが、これはこだわりの度合いによって異なる。全塗装の場合、元の色と完璧に合わせる必要がないので調色の手間は省けるが、問題はどこまで塗り替えるか。そしてどこまで脱着するかによっても金額は変わってくる。

 とにかく安く済ませるなら、ドアの内側などはそのままで、モールやエンブレムもマスキングテープで隠すだけ。それでパッと吹いて、安いところでは10万円ぐらいから。こだわると外せるものは外して、ドアの内側やエンジンルームもできるだけ塗って、車種にもよるが50万円前後といったところだ。もちろんさらに下地を作り込んだり、塗料や塗り方、仕上げに凝ると100万円突破も珍しくない。安くて、そこそこでいいなら、ラッピングのほうが安く済むことも多い。

 そして先にも触れたように、塗装だけで済むことはマレで、多かれ少なかれ凹みを修復する必要がある。もちろんそのままでいいというのもありだが、せっかく塗るならもったいないといえばもったいない。そうなると、10万円単位で費用は増えていく。

補修画像はこちら

 趣味でおこなったり、安い中古車をそれなり程度の仕上げで楽しむならいいが、それ以外はとにかくキズを付けたりしないことだ。今後も料金の高騰は続くのは確実だけになおさらだ。

画像ギャラリー