3気筒が音も振動も「安っぽい」のは昔の話! 乗れば感動できる「直3」エンジン車4選+α (1/2ページ)

noteで書く
3気筒が音も振動も「安っぽい」のは昔の話! 乗れば感動できる「直3」エンジン車4選+α

同じ排気量なら4気筒よりもトルクを出しやすく燃費も良い!

 読者のなかには、3気筒エンジンに抵抗がある人も少なくないと思う。なにしろ、日本では軽自動車のパワーユニットというイメージが根付いているからだ。

 しかし、いまや世界的に1.5リッター以下のダウンサイジングパワーユニットに3気筒エンジンがターボの力を借りるなどして使われることが多くなっている。

 たとえば、フォルクスワーゲンのポロやT-CROSS、アウディのQ2、欧州カー・オブ・ザ・イヤー2020、2020-2021日本カー・オブ・ザ・イヤーのインポート・カー・オブ・ザ・イヤー受賞のプジョー208もそうだし、日本車でもトヨタ・ライズ、ダイハツ・ロッキー、トヨタ・ヤリスクロスなどの超人気車にも採用されているのである。

【関連記事】クルマのエンジンで同じ排気量と気筒数なら「V型」と「直列」で違いはある?

ライズの走り画像はこちら

 クルマにあまり詳しくない人なら、上記のクルマが3気筒であることなど知らずに、感じずに乗り続けているだろうし、クルマやエンジンに詳しい人でも、乗ってみれば、3気筒感などほとんど感じず、いや、これはいいエンジンだと思うかもしれない。

 そもそも3気筒エンジンは、コンパクトさ(による軽量化)や経済性、そして気筒数が少なければトルクが豊かになるといったメリットの持ち主なのである。もちろん、気筒数が少なければエネルギーロスが低減でき、燃費もよくなる理屈だ。理論上、同じ排気量なら4気筒よりも3気筒のほうがトルクを出しやすく、燃費もいいというわけである。

 ただし、ちょっと前の軽自動車の3気筒エンジンのように、振動、振動音が気になるケースもあるにはあるが、そこは最新の自動車技術が見事に克服していたりする(クルマよる)。

 というわけで、ある意味、時代のニーズに合致し、経済的で燃費にも優れる3気筒エンジン搭載車のなかでも、アンチ3気筒エンジン派にも薦められる、いい方は悪いが、3気筒感のない3気筒エンジン搭載車を紹介したい。

1)プジョー208

 まずは、くどいようですが、欧州カー・オブ・ザ・イヤー2020、2020-2021日本カー・オブ・ザ・イヤーのインポート・カー・オブ・ザ・イヤー受賞のプジョー208。エンジンはピュアテックと呼ばれる1.2リッターターボ。プジョーならではの足まわりのしなやかさもさることながら、3気筒を感じさせないスムースさと低中回転域の排気量を感じさせないトルクの豊かさが素晴らしい。

208の走り画像はこちら

 結果、飛ばしても気持ちいいし、日常域の走行でもじつに走りやすいのである。しかも、静粛性という意味では、エンジンが静かすぎて、かえってロードノイズが目立ってしまう!! というぐらいに、3気筒でも静かに回るから文句なしである。いま、最良の輸入コンパクトカーといっても過言ではないだろう。

2)フォルクスワーゲンT-CROSS

 コンパクトなクロスオーバーモデルを狙っていて、しかし3気筒エンジンに抵抗がある人でも納得できる1台が、フォルクスワーゲンのT-CROSSだろう。ゴルフなどに積まれる1.2〜1.4リッター級の4気筒ターボエンジンほどの豊かすぎるトルクはもたないものの、パワー的には想像以上にパワフルで、ほとんどの走行シーンを2500rpm以下でこなしてくれる実力だ。そして静か。

T-CROSSの走り画像はこちら

 弱点としては、ほとんどのユーザーがめったに使わない高回転域で3気筒感あるノイズが顔を出し、回してもそれほどのパンチが望めないことぐらいだが、ゆっくりとアクセルを踏むことで低い回転数で発揮されるフォルクスワーゲンユニットらしいトルクが得られるし、登坂路でパワー不足を感じたら、パドルシフトを使えばいいだけのこと。洗練されたエクステリアデザイン、オシャレなインテリアデザインも若々しくて魅力的と思える。

T-CROSSのエンジン画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報