契約時に必ず目にするけど気にしない人多数! 自動車保険の「ノンフリート」って何?

契約時に必ず目にするけど気にしない人多数! 自動車保険の「ノンフリート」って何?

個人ユーザーのほとんどがノンフリート契約となる

 自動車保険を契約する際、必ず「ノンフリート等級」という言葉を目にする。ほとんど気にしないで、契約あるいは更新している人も多いだろうが、「ノンフリート」とはどういう意味か確認しておこう。

 ノンフリート等級とは、簡単にいうと、契約者が所有・使用しているクルマの契約台数が他社を含め9台以下の場合の契約に対して適用される割増・割引率の等級区分のことをいう。

 ノンフリート等級は1等級から20等級まで分かれており、初めての契約の場合は、6等級または7等級(複数所有新規の場合)からスタートする。もともとは英語の「fleet」から来ていて、「船隊、自動車隊」という意味。個人で10台以上のクルマを所有・使用している人は稀なので、個人ユーザーのほとんどはノンフリート契約になる。

【関連記事】【どっちがお得】1リッターコンパクトと軽自動車を5年乗った費用を比較してみた

自家用車のイメージ画像はこちら

 ノンフリート等級は、無事故が続くことにより料率が下がっていく(1等級ずつ上がる)ため、「無事故割引」といった方が通りがいい。

 保険会社を別の会社に切り替える場合でも、現行の契約期間中、無事故であれば、これまでのノンフリート等級は継承される(記名被保険者を同居の家族以外に変更する場合や、契約車両を変更する場合などを除く)。

 また、ロードサービスなどを利用しても、保険金の支払いがなければ事故としてカウントされないので、次年度のノンフリート等級には影響がない。

 新規契約から14年以上無事故であれば、20等級となり、保険料は6割以上安くなるが、契約期間中に事故を起こして保険料の支払いを受けると翌年の更新時に等級は3等級ダウンする(※自分に過失のない事故で、相手の保険で補償される場合などは、「ノーカウント事故」扱いになる)。

事故のイメージ画像はこちら

 ただし、台風・洪水・ひょう等、飛び石、盗難、いたずらなどによって生じた損害に車両保険を使った場合は、次年度は1等級ダウンで済む。

 自動車保険は、クルマの維持費のなかでも高額な部類に入るので、細かいところまで納得した上で、契約・更新するようにしよう。

画像ギャラリー