オーナーが本音で語る! セカンドカーなしの「電気自動車1台」でコト足りるのか? (1/2ページ)

オーナーが本音で語る! セカンドカーなしの「電気自動車1台」でコト足りるのか?

日常使いであれば航続距離も不安がないレベルにまで向上している

 ここへきて多くのメーカーからリリースが相次いでいる電気自動車。日本でも純ガソリン車の販売を規制する動きが出てきており、にわかに注目が集まっているジャンルといえる。

 脱ガソリン車といってもハイブリッド車も電動車に含まれるため、いきなりすべての車両が電気自動車になるというわけではないものの、実際のところ電気自動車1台でカーライフを送ることができるのだろうか?

【関連記事】噂のなかにはウソもある! 今夏の酷暑に起きた「電気自動車のホント」3つ

ホンダeの充電風景画像はこちら

 たとえば日本ではもっともポピュラーな電気自動車として挙げることができる日産リーフ。62kWhの大容量バッテリーを搭載したグレードでも、国からの補助金を考慮すると車両本体価格は300万円台から狙うことができ、40kWhバッテリー搭載モデルのベースグレードであれば、補助金込で200万円台まで価格も下がるため、決して高嶺の花というわけでもなくなってきている。

 電気自動車としてネックとなる航続距離も、40Kwhモデルで322km、62kWhモデルでは458km(共にWLTCモードの数値)となるため、日常使いであればもはや不満も不安もないレベルといえるだろう。

リーフの走り画像はこちら

 しかし、この数値は当然ながら満充電での航続距離ということになるので、充電環境によって電気自動車1台でカーライフが送れるかどうかは大きく異なってくる。

画像ギャラリー