アウディの新世代EVにSUVボディ「Audi e-tron」を追加設定! 71kWhバッテリー搭載モデルも用意

アウディの新世代EVにSUVボディ「Audi e-tron」を追加設定! 71kWhバッテリー搭載モデルも用意

SUVらしさを強調しラゲッジスペースを拡大

 アウディ ジャパンは、Audi e-tron Sportbackに続く新型電気自動車「Audi e-tron 50 quattro」を追加した。さらに、Sportbackを含む両車に、バッテリー容量71kWhとなるグレード「50」を追加し販売開始した。

 2020年9月に、Audi e-tron Sportbackは日本市場に投入。新世代EVとして誕生し、クーペ調ルーフラインが特徴のボディ、航続可能距離405km(WLTCモード)のパワートレインが与えられたモデルだ。今回追加されたAudi e-tron 50 quattroは、荷室を重視したSUV寄りのデザインを採用。ラゲッジスペースはSportbackの616Lに対し、660Lまで拡大している。

【関連記事】単に「ヨンク」じゃダメ? メーカーが4WDに「オリジナルの名前」をつける事情

サイドビュー画像はこちら

 導入時に用意されていたSportback 55 quattro 1st editionは95kWhのバッテリー容量となり、最高出力408馬力/最大トルク664N・mを発生するグレードだった。今回追加された50 quattroの電池容量は71kWhとなり、システム出力313馬力/最大トルク540N・m、満充電での航続可能距離は316kmとなっている。

モーターユニット画像はこちら

 車重は55 quattro 1st editionの2560kgに対し、e-tron 50 quattroは2400kg、e-tron Sportback 50 quattroは2410kgと、150kg以上の軽量化となっている点も見逃せない。0-100km/h加速は6.8秒という俊足を誇る。

 快適性や運動性能、空力性能にも大きく貢献するアダプティブエアサスペンションは全車に標準装備。また、車両後方を映像化して車内に映し出す、従来のドアミラーに代わる装備「バーチャルエクステリアミラー」はオプション設定となる。

インパネ画像はこちら

 Audi e-tron 50 quattroは「base」「advanced」「S line」の3グレード展開、e-tron Sportbackは「S line」のみの設定となる。Audi e-tron 50には約30万円同等の減税メリットがあり、なおかつクリーンエネルギー自動車導入事業費補助金(e-tron:23.2万円/e-tron Sportback 50:23.6万円)も受けられる。各モデルの車両本体価格(税込み)は、下記の通り。

Audi e-tron 50 quattro 933万円
Audi e-tron 50 quattro advanced 1069万円
Audi e-tron 50 quattro S line 1108万円
Audi e-tron Sportback 50 quattro S line 1143万円

画像ギャラリー