ドライバーの高齢化! 整備士不足! 「問題」解決に期待大の「トラック独特」のコネクテッド技術とは (1/2ページ)

ドライバーの高齢化! 整備士不足! 「問題」解決に期待大の「トラック独特」のコネクテッド技術とは

商用車のコネクト技術はかなり進んでいる

 昔であれば想像もできなかったのが、各車両が通信をしてクラウドやセンターなどとつながるコネクティッド。音楽が聞けたり、スマホ内のマップをインパネ上のモニターに表示させて検索したり、また緊急時にはボタンを押してSOSを発せられるだけでなく、車速や操作の状態を判断して自動通報もしてくれるなど、ユーザーフレンドリーなサービス内容となっている。システム自体は車両にあるわけではないので、車載装備が最小限で済んだり、更新なども随時できるなどのメリットもある。今後は周囲を走っているクルマ同士、つまり車々間通信にも使えるなど、将来性や拡張性も期待されている。

【関連記事】3車線で3台並びも! トラックが高速道路で通せんぼ状態になってしまうワケ

日野のモーターショープレゼン画像はこちら

 2019年のモーターショーでは、出展メーカーがこぞってデモを行っていたことからもわかるように、じつはトラックなどの商用車でもコネクト技術はかなり普及している。ただ、その内容は、長距離運転で疲れたドライバーを音楽で癒やしてあげたり、マップで経路を表示したり、渋滞情報を提供するといったものではなく、乗用車とはまったく違ったものになっている。

画像ギャラリー


新着情報