王道のミニバン&セダンが苦戦! ユーザーが「流れた」2つのジャンルとは? (1/3ページ)

王道のミニバン&セダンが苦戦! ユーザーが「流れた」2つのジャンルとは?

広々室内空間とユーティリティ性が充実した軽自動車が人気

 2020年の新車販売台数ランキングが発表され、登録車を含むすべての新車のトップに立ったのは、軽自動車のホンダN-BOX。なんと、4年連続となる快挙です。このニュースを聞いて、皆さんはいかがでしょうか? 街なかを見渡しても、すぐにたくさんのN-BOXを見つけることができるので、納得という人も多いかもしれませんね。

【関連記事】乗るたびに惚れ直す! けっして高額じゃないのに内装がオシャレすぎる軽&コンパクトカー5選

新しくなったN-BOX画像はこちら

 このN-BOXは、軽自動車のなかでもルーフが高く、最大級の室内空間を特徴とする乗用タイプで、両側スライドドアやフレキシブルなシートアレンジによって、ファミリーをはじめ幅広い世代に使いやすい「スーパーハイトワゴン」というカテゴリーに属します。

 もともと、ダイハツ・タントやスズキ・スペーシア(旧パレット)といった、子育て世代をメインターゲットとしたモデルが人気を集め、軽自動車と比べて燃費が悪く維持費も高めのミニバンからダウンサイジングするユーザーが増えていました。加えて、アウトドアブームでたっぷりの荷物を積みたいシングル世代や、高齢者も快適に乗せられるので介護世代、長く乗れるのでライフスタイルが変わりやすい女性からのニーズもあり、どんどんと市場が拡大。

スズキ・スペーシア画像はこちら

 今では日産ルークスや三菱eKクロススペース、ダイハツ・ウェイクなど、いろんなタイプのスーパーハイトワゴンが揃っています。どれも一度乗ると「これで十分だね」と満足するどころか、下手なコンパクトカーやセダンより広いし、荷物も積めるし、維持費もリーズナブルだし、「次もこれがいい」というリピーターも多くなっているのが現状なんです。ひと昔前なら、ファミリーのファーストカーが軽自動車、というのは少数派だったと思いますが、今じゃ当たり前。逆に独身世代がスライドドア車に乗ることも、とくに不思議ではない空気になっています。

三菱eKクロススペースとeKスペース画像はこちら

 そうなると、「じゃあコンパクトカーって誰が乗るの?」という疑問が出てくるかもしれません。2020年からトヨタ・ヤリス(旧ヴィッツ)、ホンダ・フィット、日産ノートとメーカーの看板車種とも言えるコンパクトカーが、続々とフルモデルチェンジして登場しました。巷ではSUV人気がまだまだ健在で、コンパクトカーには逆風かと思いきや、販売台数を見るとヤリスが登録車(乗用車)1位、フィットが4位、ノートが9位にランクイン。コロナの影響もあり大ヒットとまではいきませんでしたが、それでもなかなか好調な売れ行きと言える結果となっています。

画像ギャラリー