ポルシェ・タイカンに後輪駆動仕様が追加! ふたつのバッテリーを用意するエントリーモデル

ポルシェ・タイカンに後輪駆動仕様が追加! ふたつのバッテリーを用意するエントリーモデル

最新のEVスポーツを味わえるエントリーグレード

 ポルシェジャパンは、新世代の電気自動車「タイカン」のラインアップに、後輪駆動タイプを追加。4番目のバリエーションとして日本市場に導入することを発表した。1月28日より予約受注を開始している。希望小売価格(税込み)は、1171万円。

 すでに登場していたターボS、ターボ、4Sは前後にモーターを備えた4輪駆動モデルだったが、今回のタイカンはリヤのみとなっている。バッテリーはふたつのサイズが用意されており、標準となるパフォーマンスバッテリーはローンチコントロールとオーバーブーストモード使用時に最高出力408馬力を発生させる。

【関連記事】EVスポーツカー・タイカンの発表に「ポルシェも終わった」の声! ポルシェのEVはナシなのか?

タイカンファミリー画像はこちら

 また、オプションのパフォーマンスバッテリープラスを選択すると、最高出力は476馬力にアップする。なお、公称出力はそれぞれ、326馬力と380馬力となる。そのほかのタイカンモデルレンジと同様に、カラーヘッドアップディスプレイと最大22kWの充電容量を備えるオンボードチャージャーがオプション装備に含まれている。

バッテリーチャージ画像はこちら

 パフォーマンスバッテリー(シングルデッキ)は総容量79.2kWhとなり、オプションのパフォーマンスバッテリープラス(2デッキ)は、総容量93.4kWhとなっている。各バッテリーの航続距離(WLTP)は、それぞれ最大431km/484km。どちらのバッテリーを用いても、0-100km/h加速は5.4秒、氏赤穂速度は230km/hを誇る。最大充電容量はパフォーマンスバッテリーは225kW、パフォーマンスバッテリープラスは270kWとなっている。

 洗練されたエクステリアデザインは、ほかのタイカンモデルレンジと同様の先進的なスタイリングが与えられている。ポルシェのDNAを受け継ぐ、盛り上がったフロントフェンダーとワイド&ローなフォルムはタイカンでも健在だ。専用の空力を最適化した19インチエアロホイールとブラックアルマイト仕上げのブレーキキャリパーを備える。ブラックのフロントエプロン、サイドシル、リヤディフューザーは、タイカン4Sと同様のタイプとなる。

 インテリアも個性的だ。大型モニターを備えるダッシュボードは、メーターパネルや中央の10.9インチインフォテインメントディスプレイなど先進的な雰囲気になっている。また、オプションで助手席用ディスプレイも用意される。パーシャルレザーインテリアと8way電動調節機能付きフロントコンフォートシートが標準装備。フロントには84リッター、リヤに最大407リッターのラゲッジスペースを設けている。

インパネ画像はこちら

画像ギャラリー