軽ハイトでいま話題の「オフィス化」してみた! 欠かせなかったアイテムとは? (1/2ページ)

軽ハイトでいま話題の「オフィス化」してみた! 欠かせなかったアイテムとは?

室内の快適性だけでなくプライバシーを守ることも重要

 先日、「いま急増中の「車内仕事」! より快適な「オフィス環境」を実現できる国産車トップ5」という記事を掲載したところですが、じつは、その直後、筆者自身が車内で仕事、原稿を書かなければならない事態に。後席に陣取り、ノートパソコンやタブレットを開いて、仕事に取りかかったものの、昼間は周囲の視線が気になる、気になる。車内の後席で仕事をする場合、左右は、ミニバンやスーパーハイト系軽自動車にあるリヤサイドウインドウのロールサンシェードやダークガラスが装備されていればほぼ気にならないものの(背後も)、フロントウインドウ、フロントサイドウインドウから車内は丸見え。天候によっては日差しがまぶしいことと合わせ、それが落ち着いて仕事をしにくい原因だったのである。

【関連記事】一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

スズキ・スペーシアギアのインテリア画像はこちら

 そこでいろいろ調べたところ、つい最近、カーアクセサリーメーカーの老舗、国内外の自動車メーカーの純正アクセサリーの企画・製造も行っているセイワから、「楽らくマグネットフロントカーテン IMP036」というアイテムが、アマゾン限定で発売されていることを突き止めた。なんと遮光率99.68%、紫外線カット率99.8%という、1枚ものでフロントウインドウ、左右フロントサイドウインドウを隙間なく覆ってくれる遮光カーテン(横2.6m×縦0.9m)である。トヨタ・アルファード、グランエースのような大型ミニバンから、ワゴン、SUV、軽自動車にまで対応してくれるマルチサイズというのだから、使いやすく、気が利いている。複数台所有、クルマの買い替えにも対応するではないか。

楽らくマグネットフロントカーテン IMP036画像はこちら

 この種の本格的なカーテンは、オーダー品もあり、ウン万円の価格。しかし、「マグネットフロントカーテン IMP036」はアマゾンで3000円以下のリーズナブルなプライスだ。そこで、さっそく取り寄せ、軽自動車のなかでも車内仕事、車内のオフィス化にぴったりなスズキ・スペーシアギヤを例に、実際に装着してみた。

スズキ・スペーシアギアのフロントスタイリング画像はこちら

画像ギャラリー