【試乗】DS 3 CROSSBACK E-TENSEはエレガンスで高級! EVの制御も納得のデキ (1/2ページ)

【試乗】DS 3 CROSSBACK E-TENSEはエレガンスで高級! EVの制御も納得のデキ

フォーミュラEでチャンピオンになったDSの市販電気自動車

 フランス車の特徴でもあるスタイリッシュさが人気のDSブランド。2020年に登場し、優れたデザイン性でも人気を博しているコンパクトカーの「DS 3 CROSSBACK」に同社として初の量産BEV(バッテリー電気自動車)モデルが投入された。その名を「E-TENSE」とし、ICE(内燃機関)モデルと差別化している。

 DS 3 CROSSBACKに採用されているプラットフォームはCMP(Common Modular Platform)でPSA(プジョーシトロエンオートモービルズ)グループのB、Cセグメント車両全てをカバーする新世代プラットフォームだ。CMPの特徴は単に多車種へ拡大採用されるだけではなく、ICEからBEVまで幅広いパワートレインに対応可能な「マルチエナジープラットフォーム」としていることだ。今回のE—TENSEはCMPを採用した初のBEV車ということでも注目を集めているわけだ。

【関連記事】【試乗】外も中も衝撃のオシャレっぷり! 独特の世界感に包まれるDS3クロスバックの走り

DS 3 CROSSBACK E-TENSEのフロントスタイリング画像はこちら

 E-TENSEは「ELECTRIC(エレクトリック)」と「ELEGANCE(エレガンス)」を組み合わせた造語で、DS車の電動化モデル化を表すワードとして広報されている。DS車の電動モデルというと日本ではあまりニュースになっていないが、2017-2018/2019-2020フォーミュラEでシリーズチャンピオン(ドライバー&チーム優勝)を獲得しており、電動化技術の高さは実証されている。

DS 3 CROSSBACK E-TENSEのボンネット内画像はこちら

 E-CMPと呼ばれることになった今回のDS 3 CROSSBACK E-TENSEに採用されたプラットフォームではフロントに最高出力136馬力/5500rpm、最大トルク260N・m/300〜3674rpmを発生する電動モーターを搭載し、前輪を駆動するFFレイアウトを採用している。駆動用のバッテリーは前後アクスル間のフロア下に納められ、定格電圧400Vで総電力量は50kwとなっている。

 車両重量は1580kg。電力消費率はJC08モードで1充電当たり398kmを誇っている。

DS 3 CROSSBACK E-TENSEのリヤスタイリング画像はこちら

 今回の試乗は一般道の市街地で行った。DSのお洒落な外見的特徴はそのままで、スタイリングからはBEVであるとは思えない。運転席に乗り込むとインテリアがまたスタイリッシュで、ダイヤの菱形をモチーフにしたダッシュボードの中央部が個性的だ。センターコンソールに配されたドライブセレクトシフトレバーやドライブモード選択スイッチなども「クル・ド・パリ」と呼ばれる「魅せる」デザインを採用。操作性とテクノロジーを両立し質感をも高めることに成功している。

DS 3 CROSSBACK E-TENSEのインストゥルメントパネル画像はこちら

 室内のどこをみてもコンパクトカークラスと思わせるような安っぽさがなく、むしろエレガンスなスペシャルティカーとしての高級感が感じられるほどだ。

画像ギャラリー