コンパクトラグジュアリーSUVに新参者あらわる! ニューモデル「DS3クロスバック」が登場

コンパクトラグジュアリーSUVに新参者あらわる! ニューモデル「DS3クロスバック」が登場

将来のEVモデルも見据えた新プラットフォームを採用

 プジョー・シトロエン・ジャポンは6月26日、DSオートモビルのコンパクトラグジュアリーSUV「DS3CROSSBACK (クロスバック)」を発売した。

 新モデルとなるDS3クロスバックは、次世代プラットフォームCMPをプジョー・シトロエングループブランドで初めて採用。将来的なフルEV「E–TENSEバージョン」の導入にも備えている。

 DS3クロスバックはコンパクトなボディサイズが魅力の一つだ。全長4120mm、全幅1790mm、全高1550mmでホイールベースは2560mmを実現した。

DS3クロスバック

 パワートレインは最大出力130馬力、230N・mを発揮する新型1.2リッターPure Tech3気筒ターボエンジンを搭載。最新の8速オートマチックトランスミッションEAT8と組み合わせた。

 ドライブモードは「スポーツ」「ノーマル」「エコ」の3パターンから選択でき、エコモードではアクセルオフ時にクラッチを切り、さらにん燃費効率を高めるフリーホイール機能を備え、燃料消費率は15.9km/L(WLTCモード)を達成している。

 今回初めて採用したリトラクタブルドアハンドルは、ボディパネルと完全同一面に格納されるようにした。スマートキーを持った人が1.5mまで近づくと自動的に4つのハンドルがせり出し、解錠や施錠を自動的に行える。

DS3クロスバック

 内装にはDS独自構造となるシートやFOCAL Electra HiFi 12スピーカー、7インチタッチスクリーン、ヘッドアップディスプレイなどの先進装備を搭載し、快適性を高めた。

 インテリアにはブラックダッシュボードにブラックファブリックシートの「MONTMARTRE (モンマルトル)」とブロンズダッシュボードにバサルトブラックレザーシートまたはブロンズファブリックシートの「BASTILLE (バスチーユ)」の2種類を用意する。

DS3クロスバック

 ボディカラーは新色である青系の「ブルー ミレニアム」、黄色系の「オルアンペリアル」を含めた全8色を展開。ルーフはブランオパール、ノアール オニキス、ダイヤモンドレッドの3種類から選択でき、インテリアの3パターンと組み合わせ、好みに合わせてカスタムができる。

 グレードは「Be Chic (ビーシック)」「So Chic (ソーシック)」「Grand Chic (グランシック)」の3種類を用意した。

 上級グレードとなるグランシックには、アクティブクルーズコントロールとレーンポジショニングキープを統合した先進安全運転支援システム「DSドライブアシスト」やアクティブセーフティブレーキ、斜め後方の死角を知らせるアクティブブラインドスポットモニターなどの安全装備を搭載した。

DS3クロスバック

 また、カメラを用いて前方の交通情報を解析しながら、自動でオンオフや照射範囲のコントロールなどができるヘッドライト「DSマトリクスLEDビジョン」も標準装備している。

 車両本体価格はビーシックが299万円、ソーシックが357万円、グランシックが404万円(税込)。

画像ギャラリー