内外装を刷新したジャガーE-PACE2021年モデルが登場! 限定車「ローンチエディション」も設定

内外装を刷新したジャガーE-PACE2021年モデルが登場! 限定車「ローンチエディション」も設定

新開発のディーゼル+マイルドハイブリッドも追加

 ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ジャガーブランドのスポーティSUV「E-PACE」の2021年モデル導入を発表。2月18日(木)より受注をスタートしている。

 一番の特徴としては、最新の電動パワートレイン技術に対応するべく、新たに設計されたPTA(Premium Transverse Architecture)をジャガー車として初めて搭載したこと。エンジンマウント位置を変更し、スロットルレスポンスを向上させつつステアリングへ伝わる振動も減少し、静粛性と乗り心地が高また。

【関連記事】ジャガーの小型SUV「E-PACE」が世界初公開! ロングジャンプのギネス世界記録を樹立

リヤビュー画像はこちら

 エンジンのラインアップも、最高出力204馬力/最大トルク430N・mを発揮する最新の2リッター直4ディテールを新たに追加。マイルドハイブリッドシステムと組み合わせたことで、減速時に失われるエネルギーをバッテリーに蓄え、17km/h以下ではエンジンを停止するなど、スムースな発進をサポートするなど燃費効率や加速時のレスポンスを向上させる。

 内外装にも手が加えられている。エクステリアはヘッドライトのラインアップを変更。さらに、フロントグリルやフロントバンパーロワーインサート、リヤバンパーのデザインを変更。さらに、サイドベントにはジャガーのリーパーロゴを配し、アルミホイールも新デザインを追加している。

サイド画像はこちら

 インテリアにもエンボス加工によるジャガーリーパーロゴがデザインされたヘッドレストや、クリケットボールステッチを施したシフトレバー、コンソールの小物用トレイ、11.4インチタッチスクリーンが新たに追加された。随所にイギリスのクラフトマンシップを感じられる仕立てになっている。

シート画像はこちら

 また、走行性能も機能が進化している。ジャガー・ドライブコントロールで選択可能だった「雨/氷/雪」モードに変わり、さまざまな路面状況を検知して最適なグリップ力に調整するアダプティブ・サーフェス・レスポンス(AdSR)を備えている。これにより、さらに走行安定性を高めた。また、3Dサラウンドカメラ、ブラインドスポットアシスト、アダプティブクルーズコントロール、前後パーキングエイド、リヤコリジョンモニター、リヤトラフィックモニターなどさまざまなドライバー支援システムと最新インフォテインメントシステムを標準装備した。

ギヤセレクターまわり画像はこちら

 そして、今回の2021年モデル発売を記念して、特別仕様車「ローンチエディション」を50台限定で発売した。最上級グレードである「R-DYNAMIC HSE P250」をベースに、専用色となるポルトフィーノブルーを採用。インテリアカラーはクラウド、ディープガーネットを組み合わせている。E-PACEのスポーティさが際立つブラックエクステリアパック、ピクセルLEDヘッドライト、21インチホイール(グロスブラック)をはじめ、ワイヤレスデバイスチャージングやPM2.5フィルター搭載の空気清浄システムなど最新オプションを標準化した。

ローンチエディション画像はこちら

 各モデルのメーカー希望小売価格(税込み)は下記の通り。

2リッター直列4気筒INGENIUMディーゼル・エンジン(MHEV)搭載モデル
最高出力:150kW/204馬力 最大トルク:430N・m
E-PACE D200 528万円
E-PACE S D200 576万円
E-PACE R-DYNAMIC S D200 600万円
E-PACE R-DYNAMIC SE D200 631万円

2リッター直列4気筒INGENIUMガソリン・エンジン搭載モデル
最高出力:147kW/200馬力 最大トルク:320N・m
E-PACE P200 498万円
E-PACE S P200 553万円
E-PACE SE P200 584万円

2リッター直列4気筒INGENIUMガソリン・エンジン搭載モデル
最高出力:183kW/249馬力 最大トルク:365N・m
E-PACE R-DYNAMIC S P250 621万円
E-PACE R-DYNAMIC SE P250 657万円
E-PACE R-DYNAMIC HSE P250 698万円

特別仕様車「E-PACE LAUNCH EDITION」
ベースモデル
R-DYNAMIC HSE P250
854万8000円(50台限定)

画像ギャラリー