あおり運転の「妨害運転罪」は重罪! 含まれる「10の行為」とは

あおり運転の「妨害運転罪」は重罪! 含まれる「10の行為」とは

十分な余裕とゆとりを持って運転することが大切だ

 2020年6月に、あおり運転を直接取り締まるための「妨害運転罪」が定められたにもかかわらず、「あおり運転」はあとを絶たず、しばしばニュースに取り上げられている。

「妨害運転罪」の罰則は非常に重く、

 他の車両等の通行を妨害する目的で、車間距離を詰める等の一定の違反行為をして、他の車両等に道路における交通の危険を生じさせるおそれのある運転をした運転者には、

3年以下の懲役又は50万円以下の罰金!

違反点数25点・運転免許取消し!!(欠格期間2年)

 さらに、「あおり運転」の結果、高速自動車国道等において他の自動車を停止させ、その他道路における著しい交通の危険を生じさせた場合には、

5年以下の懲役又は100万円以下の罰金!!

違反点数35点・運転免許取消し!!(欠格期間3年)

 となっている。

 では、どんな場合に妨害運転とみなされるか。具体的には下記の10項目があおり運転の行為と定義されている。

・対向車線からの接近や逆走

・不要な急ブレーキ

・車間距離を詰めて接近

・急な進路変更や蛇行運転

・左車線からの追越しや無理な追越し

・不必要な継続したハイビーム

・不必要な反復したクラクション

・急な加減速や幅寄せ

・高速自動車国道等の本線車道での低速走行

・高速自動車国道等における駐停車

 このうち、車間距離や急ブレーキ、無理な追い越しなどは、客観的というより主観的に決まる部分もあるので、妨害運転とみなされないためには、十分な余裕とゆとりを持って運転することが大事になる。

【関連記事】なぜだか近ごろやたらと目立つ! 後続車に「大迷惑」な前走車の違反行為6選

キープレフト画像はこちら

 また神奈川県警では、あおり運転の被害に遭わないために、以下の7項目を挙げている。

① 通行帯を守る。(キープレフト)

② 安全な速度で走行する。

③ 車間距離を保つ。

④ 不要な急ブレーキを掛けない、掛けさせない。

⑤ 急な割り込みはしない。

⑥ 不要なクラクションを鳴らさない。

⑦ 前照灯を周囲の状況に応じて正しく使用する。

 そして、もし、「あおり運転」行為を受けた場合は、

・近くの安全な場所に避難してください。

・車外に出ることなく、110番通報してください。

・相手の車のナンバーなどを記録したり、撮影してください。
(ドライブレコーダーを付けましょう。)

 と呼びかけている。

 あおり運転は、もちろんあおる方が悪いわけだが、当方にあおった意図がなくても、相手が「あおられた」と感じるケースも少なくないので、周囲のクルマにプレッシャーがかかったり、ヒヤリと感じさせるような運転は慎むようにしよう。

あおり運転画像はこちら

 また、先を急いでいるようなクルマ、挙動が怪しいクルマ、雰囲気が悪そうなクルマを見かけたら、さっさと道を譲ったり、間に何台か別のクルマを挟むようにして、近寄らないようするのも自衛策としては重要なことである。

画像ギャラリー