同サイズのSUVを揃えるから悩み倍増! マツダCX-30とMX-30の違いと買いは? (1/2ページ)

同サイズのSUVを揃えるから悩み倍増! マツダCX-30とMX-30の違いと買いは?

CX-30とMX-30はプラットフォームを共用

 今、勢いあるマツダのクルマのなかで、新しく、注目すべき2台がクロスオーバーSUVのCX-30とMX-30だ。CX-30は2019年10月、MX-30はまずマイルドハイブリッドモデルが2020年10月に登場している(MX-30 EVモデルは遅れて2021年1月発売)。

 その両車は、プラットフォームを共用し、全長4395×全幅1795mm、ホイールベース2665mmは同一。全高のみMX-30のほうが10mm高い1550mmになるだけ。最低地上高はCX-30が175mm、MX-30は180mmと、5mmしか違わない。ただし、車重はMX-30のほうが観音開きドアまわりの補強などで、約60kg重くなっている。

【関連記事】電気自動車の「将来性」に疑問符! MX-30 EVに乗ったレーシングドライバーの本音

MX-30のフロントスタイリング画像はこちら

 また、CX-30はスカイアクティブ-G 2.0のガソリン車と新時代ガソリンエンジンのスカイアクティブ-X、さらにクリーンディーゼルのスカイアクティブ-Dの3種類のパワーユニットを用意しているのに対して、MX-30はモノグレードのマイルドハイブリッドと、マツダ量産車初のピュアEVの電動車のみをラインナップしているという大きな違いがある。そもそもMX-30は欧州でピュアEVのみを売っている、EV前提のクルマでもあるのだ。

 ここではパワーユニット比較はさておいて(イーブンに比較できないため)両車のデザイン、パッケージ、乗り味、どんな使い方、ユーザーに向いているかを検証したい。

CX-30のフロントスタイリング画像はこちら

 まずはデザインだ。両車はマツダの魂動デザインのひとつの到達点と言える美しさを持っている。クロスオーバーモデルにして、全高1550mm以下の低全高を生かしたスタイリッシュなエクステリアデザインは、大きな魅力と言っていい。が、MX-30がRX-8以来の観音開きドアを採用したのは、観音開きドアありきのデザインではないと考える。つまり、MX-30よりさらに傾斜したCピラー、ルーフエンドとリヤドアからの乗降性を両立させるためには、フツーのリヤヒンジ式ドアでは成立しないのだ。もし、MX-30のリヤドアがヒンジ式ドアなら、大きく頭を下げての乗降になるはずだからだ。MX-30のよりアグレッシプなエクステリアデザインを成立させるためには、観音開きドアが不可欠だったということではないか。

MX-30の観音開きドア画像はこちら

 室内の居住性も気になるところだが、前席はエコマテリアルの有り無しぐらいで、大きな違いはない。が、さすがに後席の居住性は異なる。CX-30であれば一般的なこのクラスのクロスオーバーモデル同様の乗降性、広さ、居住感覚が得られる。一方、MX-30はフロントドアを開けてからでないとリヤドアが開けられず(乗車時、降車時)、居住空間もCX-30よりやや狭くなる。

 具体的には、身長172cmの筆者のドラポジ背後でCX-30は頭上に120mm、膝まわりに120mm。MX-30は頭上に100mm、膝まわりに120mmと、ルーフライン形状によって頭上方向に関して不利になるのだ。さらにMX-30のリヤサイドウインドウは小さいだけでなく、開閉不可。やや閉鎖感ある居住感覚ということになる。後席エアコン吹き出し口があるのもCX-30のほうである。ゆえにMX-30はCX-30と比較すれば、ロングドライブ、長時間の着座には向いていないということだ。

CX-30のシート画像はこちら

 ラゲッジスペースもルーフライン、Cピラーの傾き加減が影響し、より広く使えるのはCX-30のほうだ。具体的には、フロア幅の1000mmこそ両車同等だが、奥行、高さ方向はCX-30が上まわる。容量で示せば、MX-30が400リットル、CX-30が430リットルとなる。

画像ギャラリー