同じメーカーの同サイズSUVなのに「積載力」に大きな差! 同門の「ラゲッジ」対決の行方 (1/2ページ)

同じメーカーの同サイズSUVなのに「積載力」に大きな差! 同門の「ラゲッジ」対決の行方

新型のウワサもある話題のモデルを徹底比較!

 SUV、クロスオーバーSUVは、アウトドアライフやキャンプなどでも大活躍してくれる万能選手というイメージがある。最低地上高の余裕を生かし、悪路、雪道も安心・安全に走ってくれる。

 そんなSUV、クロスオーバーSUVに、走破性などとともにオールラウンダーだからこそ求められる重要な要件が、荷物の積載性。アウトドアやキャンプともなれば、かさばる荷物を積むことが多く、ラゲッジルームに乗り切らないから、後席の乗員の足もと、膝の上に乗せるしかない!? ではシャレにならない。もちろん、ルーフボックスで補う方法もあるが、できればゆとりのある積載性を持つSUV、クロスオーバーSUVを選びたいものだ。

 そこで、同サイズのSUV、クロスオーバーSUVでも、積載性がこんなに違う! 見た目だけで選ぶと後悔するかも、というわけで。今、注目の同サイズのSUV、クロスオーバーSUVのラゲッジスペースの使い勝手を比較してみた。

 まずはPHEVも加わった話題騒然の三菱エクリプスクロスと、新型のウワサで盛り上がっているアウトランダーである。両車で意外なのは、重い荷物の出し入れのしやすさにかかわる、ラゲッジスペースの開口部地上高だ。なんとなくアウトランダーのほうが高そうだが、実際にはアウトランダーの約720mm(開口部に段差なし)に対して、エクリプスクロスは約770mm(開口部に段差あり)と、アウトランダーのほうがラゲッジフロアは低めで、また開口部に段差がないため、バックドアを開けて、雨の日にもうれしいひさし付きのベンチ代わりになったりする。

【関連記事】この後席は狭すぎる! 一見ファミリー向けなのに家族で使うには厳しいクルマ6選

三菱アウトランダーとエクリプスクロスPHEV画像はこちら

  

 ラゲッジフロアの容量は、ボディサイズに余裕あるアウトランダーのほうが勝って当然。後席使用時のフロアの寸法は、アウトランダーが奥行980mm(固定)、幅1000mm、最小天井高780mm。エクリプスクロスは同、奥行760-960mm(後席スライド位置による)、幅1000mm、最小天井高765mmと、幅はいっしょでも、奥行、天井高でやや狭まる感じだ。

アウトランダーPHEVのラゲッジ画像はこちら

  

 とはいえ、後席200mmのスライド機構はアウトランダーになく、後席足もと空間とラゲッジスペースの奥行をフレキシブルに変えられるメリット、使い勝手は大きい。ちなみに、後席を格納した時のラゲッジ拡大フロア長は、アウトランダーが1600mm、エクリプスクロス1380mmと差が付く。大きく重い荷物の出し入れ、積載性では、先輩格のアウトランダーが一歩リードしていると言ってもよさそうだ。

三菱エクリプスクロスPHEVのラゲッジ画像はこちら

  

画像ギャラリー