レンジローバー・ヴェラール2021年モデル発表! マイルドハイブリッド+ディーゼルをラインアップに追加

レンジローバー・ヴェラール2021年モデル発表! マイルドハイブリッド+ディーゼルをラインアップに追加

ヴェラールらしさを磨き上げた限定モデルも設定

 ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、流麗なボディラインが魅力的なプレミアムSUV「レンジローバー・ヴェラール」の2021年モデルを発表し、3月10日より受注を開始した。また、同時に限定グレード「ヴェラール・エディション」も用意している。

 2021年モデルでは、エンジンラインアップを見直している。新たにマイルドハイブリッドシステムを採用した最新の2リッターディーゼルエンジン(204馬力/430N・m)を導入。同じく2リッターの直4ガソリンエンジン(250馬力/365N・m)と合わせて2種類の展開となった。

 パワートレイン変更のほか、画期的な新技術を採用している。新機能「アクティブ・ロードノイズ・キャンセレーション」をランドローバーとして初めて採用した。これはMERIDIAN(TM)サウンドシステムに設定され、ノイズキャンセリング機能を車両に応用。各ホイールに装着している加速度計がロードノイズの原因となる振動を検知し、そのロードノイズを反転させた逆位相を自動計算する。それを車内のスピーカーから発生させることで、走行中のノイズを打ち消すというもの。これにより、低周波ノイズが原因の運転時披露を軽減することが期待できる。

【関連記事】【今さら聞けない】自動車の人気ジャンル「SUV」って何?

インパネ画像はこちら

 そのほかにも、3Dサウンドカメラ、ブラインドスポットアシスト、アダプティブクルーズコントロール、リヤコリジョンモニター、リヤトラフィックモニターなどのドライバー支援システムを多数標準装備している。さらに、最新のインフォテインメントシステム「Pivi Pro」も標準装備。安全性や利便性も向上させた。

走行イメージ画像はこちら

 また、2021年モデルに用意された限定グレード「ヴェラール・エディション」は、レンジローバー・ヴェラールのもつ、斬新で流麗なデザインをさらに引き立てるべく企画されたモデル。

ヴェラールエディション画像はこちら

 R-DYNAMIC SE P250をベースに、エクステリアは専用ボディカラー「ランタオブロンズ」を設定。そのほかサントリーニブラック、アイガーグレイ、ハクバシルバーも用意している。

 さらに、スライディングパノラミック&ブラックコントラストルーフ、ブラックパック、20インチ7スポークホイール(グロスブラックフィニッシュ)など、各部をブラック仕立てとしたことでスタイリングを引き締め、よりモダンな雰囲気に仕上げられている。

ヴェラールエディションのサイドビュー画像はこちら

各モデルのラインアップとメーカー希望小売価格(税込み)は下記の通り。

2.0リッター直列4気筒INGENIUMディーゼル・エンジン(MHEV)搭載モデル
RANGE ROVER VELAR D200 787万円
RANGE ROVER VELAR R-DYNAMIC S D200 904万円

2.0リッター直列4気筒INGENIUMガソリン・エンジン搭載モデル
RANGE ROVER VELAR S P250 849万円
RANGE ROVER VELAR R-DYNAMIC S P250 898万円
RANGE ROVER VELAR R-DYNAMIC SE P250 952万円
RANGE ROVER VELAR R-DYNAMIC HSE P250 1076万円
RANGE ROVER VELAR EDITION 1013万円

画像ギャラリー


新着情報