レクサスISの大幅改良でまさかの庶民化! ディーラーも不思議がる「ウインカー」の謎

レクサスISの大幅改良でまさかの庶民化! ディーラーも不思議がる「ウインカー」の謎

フルモデルチェンジに近い改良なのに……

 先日、とあるレクサス店を訪れたときのこと。セールスコンサルティングと立ち話をしていると、話題がISとなった。ISといえば、すでにご承知のように“ビッグマイナーチェンジ”という表現では収まらないほどの大規模改良を行ったことは記憶に新しい。

【関連記事】トヨタ2000GTやレクサスLFAも! 巨人トヨタがクルマの心臓「エンジン」をヤマハに開発させるワケ

レクサスISの走行シーン画像はこちら

 エクステリアの大幅な変更のみならず、最新の安全運転支援デバイスの採用、ボディ剛性の向上など、とにかく“限りなくフルモデルチェンジに近い”という表現が最適なほどの大規模な改良が行われた。

「いやあ、ずいぶん変わったんですね」と言いながら、フロントからリヤへ移動して、「テールランプもずいぶん格好良くなりましたね」と、セールスコンサルティングに振ると、「はい、ただウインカーはLEDではなく電球なんですけどね」とのこと。「改良前はLEDでしたので、なんと表現したらいいのか」とさらに続けた。世界的に見てもISぐらいの立ち位置のモデル(プレミアムセダン)で、フルLEDではないのは購入検討客にとってはネガティブなものと受け止められることが多いだろう。

レクサスISのリヤスタイリング画像はこちら

 新型ISでもライセンスプレートの照明すらLEDなのに、ウインカーランプが電球というのは、言われるまで気がつかなかったほど意外な話であった。

「メーカーの開発者は、『電球であっても問題がない』とのことのようですが、マイナーチェンジとしては、異例の改良規模なのですが価格は据え置きとなっております。コスト調整による“電球化”というほうが理解しやすいです」と説明してくれた。

 その話を聞いて、「レクサスブランドなのに、なぜそこでトヨタブランド的判断になったのか?」と疑問が湧いた。トヨタブランド車で「ウインカーだけLEDにできませんでした」となっても、「コストを意識したんだなあ」とスンナリ受け入れてしまうのだが、プレミアムブランドであるレクサス車では、多少の価格アップでもオーナーの満足感を追求すれば、“LED採用はアリ”なのではないだろうか。

レクサスISのテールランプ画像はこちら

 ましてや、レクサスは車両本体価格からの値引きゼロが大原則で、それに不満を持たないひとが購入しているのだから、“電球よりLED”という流れが自然のようにも見える。ましてや改良前はLEDであったのが、話題性の高い大改良で電球化という、どう見ても“格下げ”イメージとなるようなことになったのは、なんとも残念なことのようにも見える。

 そんなISだが、いまオーダーが停まっているとのこと。半導体不足の問題も絡んでいるかもしれないとのことだが、店頭での契約はできるものの、レクサス車は受注生産(契約をもらってから、メーカーへ生産を発注する)となるので、メーカーであるトヨタへの発注ができない状況になっているとのことである。

 ゴージャスなディーラーで、プレミアムイメージを強調するレクサスだが、時折見せる“庶民的”ともいえる判断もまた、メルセデス・ベンツやBMWなどにない、“レクサスらしさ”の一面と筆者は考える。

画像ギャラリー