F1! スーパーGT! 世界的なトップレーシングドライバーが全日本ラリーに出場するワケ (1/2ページ)

F1! スーパーGT! 世界的なトップレーシングドライバーが全日本ラリーに出場するワケ

F1やスーパーGTで活躍する一方でラリーに参戦

 2021年の全日本ラリー選手権第2戦「新城ラリー」が3月20〜21日、愛知県新城市を舞台に開催。ラリー競技の国内最高峰シリーズにふさわしく、ラリー経験の豊富なドライバーが集うなか、2006年から2013年にかけてF1で活躍したほか、2015年からはスーパーGTのGT500クラスで活躍するヘイキ・コバライネンも同ラリーにチャレンジしていた。

【関連記事】【噂の真相】F1は天井に張り付いて走れるって本当?

トヨタGT86 CS-R3の走行シーン01画像はこちら

 前述のとおり、コバライネンは2008年のハンガリーGPで勝利を飾るなど、フォーミュラレースの頂点、F1で活躍したほか、2015年からは国内最大級の人気を誇るスーパーGTのGT500クラスで活躍。2016年のチャンピオンに輝くなどサーキットを舞台にしたレース競技で活躍してきたが、その一方で、ラリー競技にも積極的にチャレンジしている。2015年のフィランドラリー選手権の一戦「アークティク・ラリー・フィンランド」にフォード・フィエスタR5でラリー競技にデビューすると2016年にはスーパーGTと並行しながら、トヨタGT86 CS-R3を武器に全日本ラリー選手権への参戦を開始。2019年には第9戦のハイランドマスターズでJN2クラスを制し、全日本ラリー選手権で自身初優勝を獲得したことは記憶に新しいことだろう。

トヨタGT86 CS-R3の走行シーン02画像はこちら

 レースシーンで成功を収めたコバライネンがラリー活動を展開する理由について「スーパーGTに参戦しはじめた頃、3週間や4週間と日程が大きく空く時があったからね。その間のドライビングのトレーニングとしてラリーをはじめたんだ」と語る。さらに「ラリーはレースとは違うチャレンジ。ラリーはコドライバーとのチームワークが必要になるけれど、スーパーGTはひとり。もちろん、スーパーGTもチームメイトがいるけれど、クルマのなかはひとりで戦っているからね。ラリーはレースと違う競技だし、ラリーの競技車両は速くないけれど、頭や目、そしてドライビングのトレーニングとしてはいいオプションだと思う。それに何よりもラリー競技は楽しいよ」とコバライネンは付け加える。

画像ギャラリー