ライバルのプリウスだけが理由じゃなかった! 2代目インサイトが売れなかった3つの要因 (1/2ページ)

ライバルのプリウスだけが理由じゃなかった! 2代目インサイトが売れなかった3つの要因

あとから登場した3代目プリウスに顧客を奪われてしまった……

 ホンダ・インサイトはトヨタ・プリウスと同様、ノーマルエンジンを用意しないハイブリッド専用車だ。初代モデルは1999年(初代プリウスの2年後)に、空力特性の優れたふたり乗りの3ドアクーペとして登場した。5速MTの10・15モード燃費は、初代プリウスを超える35km/Lで、当時最良の燃費性能を誇った。価格は210万円。

 初代インサイトは低燃費のスペシャルティカーとして開発されたが、2009年2月に登場した2代目はコンセプトが大きく異なる。ハイブリッドを普及させるべく、実用性を高めて価格は安く抑えた。

【関連記事】あれ? 思ったほど伸びない……ハイブリッドなのに驚くほど燃費が良くない国産車6選

初代インサイト画像はこちら

 このようにインサイトは、世代ごとに開発テーマが異なる。3代目の現行型は、開発者によると「時代に合った本質的な価値を追求した」というが、初代と2代目に比べて意味がわかりにくい。

3代目インサイト画像はこちら

 2代目インサイトは全長が4390mm、全幅は1695mmの5ナンバー車で、ボディは5ドアハッチバックだ。直列4気筒1.3リッターエンジンをベースにしたハイブリッドを搭載し、JC08モード燃費はGとLが26km/L(10・15モード燃費は30km/L)、LSは24km/L(同28km/L)であった。初代に比べて燃費数値は悪化したが価格も安い。3ドアクーペから5ドアハッチバックに発展したから、居住性や積載性は大幅に向上した。

2代目インサイトの各部全部開け画像はこちら

 2代目インサイトの売れ行きは、発売された2009年は好調で、1カ月平均で約8500台を登録した。ところが2010年には約3200台に下がり、2013年は300〜400台まで落ち込んだ。2014年に販売を終えている。

 インサイトの売れ行きが急落した背景には3つの理由がある。

 ひとつ目の理由はプリウスとの競争に敗れたことだ。前述のとおりインサイトは2009年2月に価格を抑えて発売されたが、この時点でトヨタは、3か月後に3代目プリウスの発売を控えていた。

3代目プリウス画像はこちら

 3代目プリウスは、インサイトが低価格で登場したのを受けて、発売直前に価格を見直して割安感を強調した。最廉価のLは205万円、売れ筋のSは220万円だ。値下げしてもインサイトよりは高かったが内容も異なる。インサイトは5ナンバー車だが、プリウスは3ナンバー車で車内も広い。

 プリウスの1.8リッターエンジンをベースにしたTHSIIは、インサイトの1.3リッターを使うIMAに比べて動力性能も高い。しかもJC08モード燃費は、プリウスSが30.4km/Lだから、インサイトGの26km/Lに比べて燃費性能も優れていた。

3代目プリウスのエンジン画像はこちら

画像ギャラリー