納車はすでに来年! 新型ヴェゼルの「最上級グレード」が想定外の人気となったワケ

納車はすでに来年! 新型ヴェゼルの「最上級グレード」が想定外の人気となったワケ

コロナ禍の影響で最上級グレードが想定外に売れてしまった!?

 2月18日にワールドプレミアされた、新型ホンダ・ヴェゼルの正式発売日4月23日が近づいてきた。当然ながら、正式発売日までの間には予約受注活動が行われているので、その様子を見にホンダカーズ店に出かけてみた。

 販売現場で話を聞くと、確かに積極的な予約受注活動が展開されているようで、すでに長期の納期遅延も発生していたが、それがハンパではないレベルとなっていた。

 ガソリンエンジン搭載車はモノグレードとなるのだが、HEV(ハイブリッド)仕様は3グレード構成となっている。そのなかの最上級グレードであるPLaYの納期遅延が際立って長期化しており、4月上旬に話を聞いた時点で、すでに2022年1月以降という状況。話をさらに聞くと、メーカーとしては、とくにHEVでは中間グレードとなるZの生産比率を高め、量販グレードとして位置づけたようなのだが、予想外にPLaYに受注が集中してしまったそうだ。

【関連記事】硬すぎる「足」に家族も唖然! 走りを追求するために「やりすぎた」国産ファミリーモデル4選

ハイブリッドのエンジンルーム画像はこちら

 しかし、PLaYの生産比率がそもそもそれほど多くなかったため、越年という想定外の納期遅延を招いてしまっているようである。ライバルとされているトヨタ・ヤリスクロスでは、現状でオーダーをかけても、納車は10月になるとされている。納期遅延ではいきなりライバルであるヤリスクロスをぶっちぎったことになってしまった。

 Zは中間グレードとはいえ、装備内容が充実しておりメーカーがこのZをイチ押しにしようとしたのは自然の流れ。ともにHEVでFF(AWDもあり)となるZとPLaYの価格差はPLaYが約40万円高。トヨタのディスプレイオーディオのような、ホンダ コネクト ディスプレイがPLaYのみ標準装備となっている(これにはカーナビ機能が標準採用されている)。さらに専用内外装やシートの採用、そしてパノラマルーフと呼ぶグラスルーフも標準装備で329.8万円(PLaY/FF)だ。

装備充実のZ画像はこちら

 そのようなPLaYがよく売れる背景は、やはり新型コロナウイルス感染拡大後の、隠れ高額車(見た目ではイメージできない、高くて贅沢なモデル)がよく売れる傾向を反映しているといっていいだろう。

 新型コロナウイルス感染拡大の悪影響により、収入減などで苦労するひとがいる一方で、感染拡大による収入減などの悪影響をほとんど受けないものの、移動自粛などでレジャーもままならず、お金の使い道が制限されることで、貯蓄が増える家庭も目立ってきている。そこで新車購入へ関心が高まり、感染拡大以降新車販売市場は小売りレベルでは活況を呈しているのだ。

 しかし、世間体を考えれば見た目からゴージャスなクルマはなかなか購入できない。そこで、世間的にはそこまで高価なイメージがないモデルで、最上級グレードにオプションテンコ盛りで購入するなどの購買行動が新車販売では目立っており、新型ヴェゼルでもその傾向が出ているようである。また、残価設定ローンの普及により、より上級グレードが選ばれやすくなっているとの見方もある。

ハイブリッドのPLaY画像はこちら

 ただ、納期遅延が深刻なのはPLaYだけで、そのほかのグレードについては、7月には納車が間に合うそうだ。しかし4月23日の正式発売直後からは、「実車を見るまで」と契約を保留していたひとの受注が数多く入る予定なので、その後は納期遅延が全般的にも深刻化する可能性が高いとのことであった。

画像ギャラリー