ダイハツ・コペンが一部改良! サイドミラー拡大やオートライト全車標準装備で安全性向上

ダイハツ・コペンが一部改良! サイドミラー拡大やオートライト全車標準装備で安全性向上

安全性を高めて快適なドライブをサポート

 ダイハツ工業は、軽オープンスポーツ「コペン」を一部改良し発売した。メーカー希望小売価格(税込み)は、188万8700円〜243万7200円。

【関連記事】GRシリーズ初の軽自動車! メーカーの垣根を超えたコペンGR SPORTが発売開始

コペンのリヤ画像はこちら

 2代目となる現行型は、「感動の走行性能」「自分らしさを表現できるクルマ」というコンセプトを、新骨格構造「D-Frame」と内外装着脱構造「DRESS-FORMATION」によって実現した軽オープンスポーツカー。ローブ、エクスプレイ、セロに加え、トヨタ自動車と共同開発したGR SPORTという4つのモデルを展開している。

 今回の一部改良では、安全性の向上が目的となっている。広い後方視界を確保するためにサイドミラーを拡大し新法規に対応。さらに、オートライトを新設定し、全グレードに標準装備している。なお、この一部改良はトヨタディーラーで購入できるコペン GR SPORTももちろん施されている。

コペンのインテリア画像はこちら

画像ギャラリー