日産GT-Rニスモ2022年モデル公開! マクドナルド・ハッピーセットとのコラボレーションも発表

日産GT-Rニスモ2022年モデル公開! マクドナルド・ハッピーセットとのコラボレーションも発表

GT-R NISMOらしさを際立たせる色合いをとことん追求

 日産自動車は、フラッグシップスポーツモデル「NISSAN GT-R NISMO」の2022年モデル、特別仕様車「NISSAN GT-R NISMO Special edition」2022年モデルを先行公開した。なお、両モデルの価格は8月に、発売は10月を予定している。

 2007年に登場したNISSAN GT-Rは、進化と深化を重ねて魅力と性能を高めてきた。今回登場する2022年モデルは、まさに深化という改良が施された。

 まず注目なのはボディカラーだ。新色として「NISMOステルスグレー」が設定されている。2022年モデルへ深化するため、新しいニスモの専用色を開発しようということでプロジェクトがスタート。ニスモらしい、GT-Rらしい色を追求するべくこだわった色合いだ。

【関連記事】ドリキン土屋圭市が1分切りを果たした日産GT-Rニスモ 2020年モデルを全開試乗!【CARトップTV】

リヤビュー画像はこちら

 GT-Rの原点とも言えるサーキットの路面をイメージしたグレーを採用。ただし風景に溶け込みすぎず存在感を際立たせるよう、路面よりも青く、青空よりはグレーになるよう、最適な色調を探し出して開発したという。NISMOステルスグレーは、メタリックもパールも入っていないソリッドカラー。ニスモのデザインフィロソフィーにも通じる、無駄な装飾を廃して研ぎ澄まされた色に仕立てられた。

説明風景画像はこちら

 ボディカラーだけでなく、エンジンも改良した。ただし大幅な馬力アップといったものではなく、エンジンのポテンシャルを上げるためにこだわり抜いた作り込みがされている。元々高精度で組み上げられているVR38エンジンだが、今回、新たにピストンリング、コンロッド、クランクシャフトなどに高精度重量バランスエンジン部品を採用。回転精度を高めることで、気持ちよく吹き上がるようレスポンスを追求した。

エンジンの解説中画像はこちら

 この高性能エンジンの証として、組み上げた職人の名が刻まれる匠のネームプレートは文字を赤くして2022年モデル専用であることを主張する。なお、エンジンカバーをはじめ各部の日産ロゴも、新しいデザインに変更されている。

匠プレート画像はこちら

 また、アルミホイールはフロントリップやサイドカー下部と同様に、レッドリム加飾を施して存在感を強調させた。

ホイール画像はこちら

 さらに、特別仕様車となるSpecial editionには、クリア塗装を施したNISMO専用カーボン製エンジンフード(NACAダクト付き)を採用した。R34型スカイラインGT-Rのレースベース車にも設定されていた、カーボン地が見える演出は走りへこだわるGT-R NISMOならではと言えるだろう。

ボンネット画像はこちら

 そして、今回の2022年モデル先行公開に合わせてマクドナルド・ハッピーセットとのコラボレーションも発表された。4月16日(金)からスタートする、ハッピーセット「トミカ」のラインアップに、NISSAN GT-R NISMO 2022年モデルが登場する(GT-Rは4月30日(金)からの第2弾のラインアップとなる)。

マクドナルドとコラボ画像はこちら

 日産自動車の監修により、細部にまでこだわってモデル化。ただデフォルメするのではなく、GT-Rらしさを盛り込んでいる。ボディカラーは、もちろんイメージカラーのNISMOステルスグレー。子どもだけでなく、ぜひ大人にも楽しんでもらいたいという願いも込められている。また、従来はシークレットモデルとして公表していない「ひみつのおもちゃ」を、GT-R NISMO 2022年モデルのゴールドカラーであることを公表。ひみつのおもちゃを事前に公開することは、史上初とのこと。ぜひ、両方をコレクションに加えてほしい。

おもちゃ画像はこちら

 今回のコラボレーションを記念し、日産自動車の開発ドライバーが運転するNISSAN GT-Rの走りを同乗体験できるプレゼントキャンペーンも実施。GT-Rの性能を存分に味わうことができる、貴重な体験となること間違いなし。ご家族2組6名さま(1組3名まで)だけのスペシャルなコンテンツとなっている。

画像ギャラリー