サポカー補助金も使える! アクセル踏み間違い予防機能を後付けできる「アクセル見守り隊 SAG297」とは

サポカー補助金も使える! アクセル踏み間違い予防機能を後付けできる「アクセル見守り隊 SAG297」とは

愛車の安全性をグッと高めることができる画期的アイテム

 東京・池袋での高齢ドライバーによる暴走事故によって、自動車の安全性についてもあらためて注目が集まった。実際、国産新型車は2021年11月発売モデルから衝突被害軽減ブレーキの装着が義務付けられることが決まっている(継続生産車は2025年12月〜、軽トラックの継続生産車は2027年9月〜、輸入車の新型車は2024年7月〜、輸入車継続生産車は2026年7月〜)。

踏み間違いによる事故画像はこちら

 しかし、それは新車の話。もちろん最新の安全装備や機能が備わった新型モデルへの乗り換えができれば一番だが、そう簡単に買い換えられないという人も多いだろう。そこでオススメしたいのが、カーライフを豊かにするさまざまなアイテムを手掛けるデータシステムの「アクセル見守り隊 SAG297」(3万800円/税込み)だ。

製品イメージ画像はこちら

 現在発売されている新車の多くは、ブレーキ操作をサポートしてくれる衝突被害軽減ブレーキや、アクセルの踏み間違いで急発進を防いでくれる機能が装備されている。このアクセル見守り隊 SAG297は、踏み間違いによる急発進を防ぐ機能を後付けできる画期的なアイテムである。

 このアイテムを装着すると、停車中や10km/h以下で前進もしくは後退している際、ブレーキを踏み込んだつもりで間違ってアクセルペダルを強く踏んでしまった場合、アクセル信号を制御して不用意な急発進を抑制する。クリープ走行状態となり、システム本体から警告音も発せられるため、自身の操作が間違っていることを認識し、落ち着いてしっかりとブレーキペダルを踏み直すことができるので安心だ。なお、アクセルペダルの踏み込み検知感度レベルも、5段階で調整可能。最適な状態に仕立てられる。

アクセル操作イメージ画像はこちら

 もし、仮にアクセルとブレーキを両方同時に踏んでしまった場合も、別売りの車種別ブレーキハーネス(3300円/税込み)を装着することで、同様にアクセル信号を制御してブレーキ動作を優先させることも可能。誤ってブレーキペダルのみ足を離してしまっても、アクセル見守り隊 SAG297が機能しているため、急発進することはない。誤った操作によって自分が想定してない動きをクルマが示すと、パニックになって正しい操作をし直すことができなくなるもの。そういった事態でも、落ち着きを取り戻せるのは非常にありがたいだろう。

ブレーキハーネスなど画像はこちら

 停車中や10km/h以下で作動するため、交差点での右左折や坂道発進など、意図的に加速しなければならない状況でシステムが作動してしまうと、スムースに走れないということもあり得る。その場合はキットに同梱されているスイッチにより、一時的にシステムをオフにできる機能も備わっている。このオフ機能を作動させても、一度アクセルを踏み込めば、自動でシステムが復帰するので安心だ。さらに、別売りオプションのウインカー連動キャンセルアダプター(4400円/税込み)を装着しておけば、ウインカー作動時にシステムを一時キャンセルさせることも可能だ。

キャンセルスイッチ画像はこちら

 装着できるのは電子制御スロットルを搭載するクルマが対象だが、新車へ乗り換えるよりもかなり手軽に安全機能をプラスできる。高齢の両親へのプレゼントにも最適ではないだろうか?

 アクセル見守り隊 SAG297は、国土交通省が定めた機能を有する、後付け急発進等抑制装置に認定。これにより、65歳以上の方を対象としたサポカー補助金2万円の対象となっている。購入・取り付け費用の約半額が補助されるため、新型モデル同等の機能を手軽にプラスすることができるチャンスでもあるのだ。ただし、認定取扱事業者による取り付けが前提となるので注意が必要だ。なお、サポカー補助金制度は予算を消化次第終了となるので、早めの装着をおすすめしたい。

 また、別途自治体独自に用意されている補助金(例:東京都は令和3年度一杯まで継続)と併用できる場合もあるので、お住まいの都道府県、市町村のホームページなどで確認してみてほしい。

 これだけニュースが世間を賑わせていても、いまだに踏み間違いによる事故の報道は多い。非搭載車に乗っている人は、この機会にアクセル見守り隊 SAG297を装着してみてはいかがだろうか?

【製品概要】
アクセル見守り隊 SAG297
価格:3万800円(税込み)
※別途車種別アクセルハーネス(4400円/税込み)が必要。
※オプションとして車種別ブレーキハーネス(3300円/税込み)も用意
適合車種:車種別アクセルハーネス設定車種のみ 車種一覧はコチラ

■国のサポカー補助金と併用可能な自治体(2020.04.02時点)
※詳細については各自治体に直接お問い合わせください。

愛知県
https://www.pref.aichi.jp/soshiki/kenmin-anzen/hojo2020.html
栃木県小山市
https://www.city.oyama.tochigi.jp/soshiki/18/224864.html
長野県小海町
https://www.koumi-town.jp/office2/archives/koreikaigo/post-450.html
静岡県長泉町
http://www.town.nagaizumi.lg.jp/soshiki/bousai/1_1/6983.html
三重県四日市市
https://www.city.yokkaichi.lg.jp/www/contents/1583376797522/index.html
香川県善通寺市
https://www.city.zentsuji.kagawa.jp/soshiki/8/humimatigai.html

【製品詳細などは公式ホームページにて】
https://www.datasystem.co.jp/info/lp/sag297lp/index.html

画像ギャラリー