シトロエンC3エアクロスSUVにブラウンレザーを採用した特別仕様車「キュイール」を設定し発売

シトロエンC3エアクロスSUVにブラウンレザーを採用した特別仕様車「キュイール」を設定し発売

パワーアップしたエンジンなど実用性も高い

 グループPSAジャパンは、シトロエンブランドのコンパクトSUV「C3エアクロスSUV」に、特別な内装を与えた特別仕様車「CUIR(キュイール)」を設定し発売した。

 今回の特別仕様車は、フランス語でレザーを意味するキュイールの名の通り、上質なインテリアに仕立てたモデルとなっている。ベース車はツイード調のファブリックシートだが、オシャレなキャメルブラウンのレザーと千鳥格子のファブリック&アルカンタラを組み合わせたハーフレザーシートに変更。

【関連記事】本当にお買い得なのか? 特別仕様車の中身を徹底分析

シート画像はこちら

 ダッシュボードやセンターコンソールの一部も、レザー同色のキャメルブラウンとし、ドアアームレスト部分も千鳥格子のファブリックを採用した、スタイリッシュな仕立てが特長だ。

ダッシュボード画像はこちら

 パワートレインは「C3エアクロスSUVサーフエディション・バイ・リップカール」同様に、130馬力/230Nmにパワーアップ。燃費も約14%向上した16.7km/L(WLTCモード)となっている。装備面においても、フロントシートヒーター、運転席センターアームレスト、前方可倒式助手席シートバック、後席ロールアップサンシェード、フロアマット、ラゲッジフロアボードを標準装備。加えてキュイールパッケージでは、パノラミックサンルーフ、17インチアロイホイール、オールシーズンタイヤ、グリップコントロール&ヒルディセントコントロールが備わる。

パッケージ仕様画像はこちら

 ボディカラーはサブールもしくはナチュラルホワイトの2色から選択可能。ルーフはノアール・ペルラネラ、アクセントカラーはオレンジだ。価格(税込み)は、C3エアクロスSUVキュイールが303万円、キュイール・パッケージは326万円。サブールを選択した場合、ペイントオプション価格として4万9500円(税込み)が必要となる。

画像ギャラリー