「駐車」がどうしても苦手! 苦痛! 恐怖! そんな人が乗るべき「本当に使える」支援機能が付いたクルマ5選 (1/2ページ)

「駐車」がどうしても苦手! 苦痛! 恐怖! そんな人が乗るべき「本当に使える」支援機能が付いたクルマ5選

自車を空から見たように映してくれる便利機能が付いたモデルも!

 クルマの運転は苦じゃないし、ドライブは大好きなんだけど、車庫入れをするのだけが苦手、という人は意外に多いものです。免許を取ったばかりの人だけでなく、何年も経ってるのにぜんぜん上達しないという人もいますよね。クルマで出かけたら、必ずどこかに駐車せねばならないわけなので、目的地に近づくと憂鬱になってしまうのではないでしょうか。

 そんな人にはぜひ、どんなに苦手な人でも驚くほどスイスイと駐車ができてしまう、最新の技術を搭載しつつ、コンパクトサイズで取り回しがラクなクルマたちをオススメします。

1)日産リーフ

 1台目は、数ある駐車支援システムのなかでも、誰でも使いやすく、機能も申し分なく、実用性ナンバーワンとの呼び声高い、日産リーフ。5人乗りでコンパクトサイズのピュアEVですが、スイッチを指1本で押しているだけで、ハンドルにもペダルにも触れずに半自動で駐車が完了するという画期的なシステム「インテリジェント・パーキングアシスト」が搭載されています。

【関連記事】ハンドリングならリヤ駆動! トラクションなら4WD! それでもホンダがFFスポーツにこだわるワケ

リーフの走り画像はこちら

 まず白線を認識するのが早くて、正確性が高いので駐車スペース検知のストレスが少ないのが、既存のシステムと違うところ。バックでの並列駐車だけでなく、縦列駐車も選択できます。そして、自車を空から見たように映してくれる「アラウンドビューモニター」とともに、車両の360度が見わたせて、もし猫などがいたり、縁石やポールなどの障害物があったりしたら、すぐわかるのもありがたいですよね。

リーフのアラウンドビューモニター画像はこちら

 あとは、目視で安全確認をしながら、スイッチを押しているだけ。もちろん、車両側でも進路に障害物を検知すると停止してくれます。一度使うと、きっと「これは普段でも十分に使えそう」と実感すると思います。

リーフの駐車支援画像はこちら

2)ダイハツ・タント

 2台目は、ユーザーからの「本当に使える駐車支援システムが欲しい」という声に答えようと、なるべく簡潔な操作で安心して車庫入れができることを目指したという、「スマートパノラマパーキングアシスト」をオプションで搭載できるダイハツ・タント。駐車したい白線のスペースの横に停車し、スイッチを長押しして駐車枠を検知したら、ハンドルが動き出すので指示にしたがってシフトレバーとアクセル・ブレーキを操作すればOKと、わずか3ステップで駐車が完了するのが特徴です。

タントの走り画像はこちら

 また、前後左右の見えにくい場所をカメラで映してくれる「パノラマモニター」もセットで搭載すると、より安心感が高まるはず。もともとタントは、車幅感覚が掴みやすい直線基調のデザインと、運転に不慣れな人でもスムースに操作できるような配置にこだわっているところも、駐車が苦手な人をリラックスさせてくれるのではないでしょうか。

タントのインパネ画像はこちら

画像ギャラリー