当てはまっていたら危ない! 「自動車事故」を起こしやすい人の特徴とは (1/2ページ)

noteで書く
当てはまっていたら危ない! 「自動車事故」を起こしやすい人の特徴とは

事故を起こしやすいドライバーの特性は4つある

 誰もが避けたい交通事故。しかし、なかには何度も事故を起こす、交通事故多発者が少なからずいる。これは運不運の問題ではなく、ドライバーに原因がある場合が多い。

 ではどういう人が事故を起こしやすいのか。

 交通心理学の丸山欣哉東北大学名誉教授は、1995年に事故を起こしやすいドライバーの特性を次の4つにまとめている。

1)拙速

 早まった行動や動作を行う傾向がある。「動作が先で確認が後回し、正確さよりも早さに重点が置かれる行動傾向を持つ人」である。このような人は先急ぎ、判断や動作のタイミングが早い、軽はずみなどの傾向を示す。

【関連記事】感謝されなくてもいい! 「超上級ドライバー」がコッソリやっている「気遣い運転」5つ

煽り運転のイメージ画像はこちら

 2)見込みの甘さ

 見込みが甘く、見込み違いの多い人、見通しの甘い人、客観的予測のできない人、読み取りが自分勝手な人、危ないと感じない人、しかも危ないとわかっていてそれを敢行する人に共通する傾向である。

混雑している道路のイメージ画像はこちら

3)カッとなる

 カッとなりやすい人、終始いらいらしがちな傾向がある、怒鳴りやすいなどの興奮傾向があり、主観的なものの見方をしがちである。

怒っている男性のイメージ画像はこちら

4)自分本位(独りよがり)

 他人の立場に立てない、他人の気持ちになれない、協調性や共感性に欠ける傾向である。批判的、ひねくれ、頑固などの傾向を含み、非協調的態度が強く、人間関係に問題が認められる。

頑固な男性のイメージ画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報