コロナ禍でも落ち込まず! 日本車の苦手分野「高級車」で「レクサス」が成功できたワケ (1/4ページ)

コロナ禍でも落ち込まず! 日本車の苦手分野「高級車」で「レクサス」が成功できたワケ

コロナ禍でもグローバルの販売は堅調!

 2020年度は新型コロナウイルスの影響で自動車産業にとって非常に厳しい1年となった。自動車業界の巨人であり、およそ2.2兆円の営業利益を叩き出したトヨタでさえ、販売台数は764.6万台。前年度と比べて85.4%と大きく減っている。

 そんな中でも、トヨタのプレミアムブランド「レクサス」は好調だった。2020年のグローバル販売は71.8万台と前年比93.9%。コロナ禍でのこの数字は、実質的には成長しているといって過言ではないだろう。

【関連記事】いま買えることが「奇跡」! トヨタ&レクサスに感謝の「大排気量V8エンジン」搭載国産車4選

レクサスSUVランナップの集合画像はこちら

 実際、レクサスブランドの販売台数を振り返ってみると2011年のグローバル販売台数は40.3万台。ここ10年で倍近くに増えているのだ。そうした成長ぶりは日本においても同様だ。レクサスの国内販売は2011年には4万2367台だったが、2019年には6万2394台まで成長していた。さすがに2020年はコロナの影響を大きく受けたようで4万9059台と沈んでしまったが……。

画像ギャラリー