中身がいいのに「人気がいまひとつ」の謎! 「売れない理由」が見つからないのに「売れない」軽自動車3選 (1/2ページ)

中身がいいのに「人気がいまひとつ」の謎! 「売れない理由」が見つからないのに「売れない」軽自動車3選

この記事をまとめると

■軽自動車の中にはいいクルマなのになぜか売れていないモデルがある

■あまりにソツがなく特徴がないと埋もれがち

■ディーラー数の少なさや宣伝力の弱さなどクルマのデキ以外の部分が大きく影響

さまざな要因で実力ほど売れていない軽が存在

 軽自動車は日本の自動車販売全体の大きな柱となっているジャンルだけに、日産&三菱を含む実質4社がしのぎを削る戦いを繰り広げる大激戦区である。そのため軽自動車にも「いいクルマなのに実力ほど売れていない」というモデルもあるのだ。ピックアップしてみよう。

1)ホンダN-WGN

 2019年に登場したN-WGNはあのN-BOXをハイトワゴンとしたイメージのモデルだけにじつにソツがなく、動力性能に余裕のあるターボ車なら「2人乗車までがほとんどなら、これだけで十分」と思えるくらいよくできたクルマである。その割に販売台数は軽ハイトワゴンの下位の方と伸び悩んでいるが、その理由としてはつかみどころのないスタイルくらいしか浮かばず。よくできたクルマだけに浮上を期待したい。

【関連記事】しょせん軽……なんてバカにする時代は終わった! 新東名の120km/h区間を余裕で走れる軽自動車6選

ホンダN-WGNの走り画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報