音だけで車種を判別! 色さえも型番で呼ぶ! 常人には理解不能な「カーマニア」あるある (1/2ページ)

音だけで車種を判別! 色さえも型番で呼ぶ! 常人には理解不能な「カーマニア」あるある

車両型式やエンジン型式で会話が可能!

 クルマ好きと一口で言ってもそのレベルはさまざま。しかし、なかにはかなりのレベルまで達してしまい、周りから見ると理解できないところに行きついてしまっている人も少なくない。そこで今回は常人には理解できないクルマ好きあるあるをピックアップしてみたい。

1)型式で呼ぶ

 R34(スカイライン)やGDB(インプレッサ)のように、クルマのことを車両型式で呼ぶ人は珍しくないし、搭載されているエンジンをRB26やEJ20といったエンジン型式で呼ぶ人も少なからずいることだろう。

【関連記事】にわか確定! 本物のクルマ好きはやらない公道での無意味な行為6選

日産スカイライン(R34)の走り画像はこちら

 しかし、コアなマニアになると、ボディカラーを202(トヨタのブラック)やQM1(日産のホワイト)というようにカラーナンバーで呼ぶ人もいるほど。とくにオールペイントをして純正色でないカラーになっている車両のオーナーなどはどの色で塗っているのかを伝えるためにカラーナンバーで話すことも珍しくないのである。

画像ギャラリー


新着情報