ポルシェ 911 に480馬力にアップしたGTSシリーズを追加! 後輪駆動のカレラ GTSには7MTも設定 

ポルシェ 911 に480馬力にアップしたGTSシリーズを追加! 後輪駆動のカレラ GTSには7MTも設定 

エクステリアは控え目ながらもシリーズ随一のスポーツモデル

 ポルシェジャパンは、「新型911カレラGTS」、「新型911 カレラ GTS カブリオレ」、「新型911 カレラ 4 GTS」、「新型911 カレラ 4 GTS カブリオレ」および「新型911 タルガ 4 GTS」の予約受注を6月23日(水)より日本全国のポルシェ正規販売店にて開始した。

【関連記事】能ある鷹は爪を隠す! ポルシェ911 GT3ツーリングパッケージの予約がスタート

ポルシェ 911 GTS走行シーン画像はこちら

 新型911 カレラ GTSシリーズは、これまで以上にパワフルで特徴的な外見と優れたドライビングダイナミクスを備えており、水平対向6気筒エンジンが最高出力353kW(480馬力)を発生。これは、現在の911 カレラ Sと先代の911 GTSを22kW(30馬力)上まわる。

 この出力アップにより、8速ポルシェデュアルクラッチトランスミッション(PDK)を装備した911 カレラ4 GTSクーペの0-100 km/h加速タイムは、先代を0.3秒上回る3.3秒となった。

 また、日本国内ではとくに純粋なドライビングプレジャーを追求するドライバーのために、リア駆動クーペモデルである911 カレラ GTSの専用装備としてショートストロークの7速マニュアルトランスミッションが設定されたのもトピックスだ。

ポルシェ 911 GTSのインテリア画像はこちら

 さらに、新型911 カレラ GTSシリーズにはライトウエイトデザインパッケージが採用される。新型911カレラ GTSシリーズで初めて採用されたライトウエイトデザインパッケージ は、軽量な炭素繊維強化プラスチック(CFRP)製フルバケットシートとリヤシートの省略、サイドウインドウとリアウインドウの軽量ガラス、軽量バッテリーなどにより、最大25 kgの軽量化が施され、ドライビングダイナミクスをさらに向上させる。

 エクステリアは控えめでスポーティなルックスとなった。ブラックが対照的なボディエレメントとティンテッドヘッドライトが特徴で、ブラックはインテリアの主要カラーにもなっており、Race-Texマイクロファイバーの数多くの装備が、ダイナミックでエレガントな雰囲気を生み出している。テールライトもGTSモデル専用デザインだ。

ポルシェ 911 GTSのリヤスタイル画像はこちら

 最新世代のポルシェコミュニケーションマネジメント(PCM)は、操作とコネクティビティーが大幅に改善されている。メディアメニューのタッチエリアが拡大され、ホーム画面のタイルの配置オプションが新しくななった。

 改良された音声アシスタントは自然な音声を認識し、”Hey Porsche”で起動することができる。

 タイプ992の発売から約2年半、待望のGTSモデルが加わることにより、ポルシェ 911はさらに魅力的なスポーツカーになったと言えるだろう。

 新型911 カレラ GTSシリーズのグレードと価格は以下の通り。

■新型911 カレラ GTSモデル

車種 トランスミッションハンドル希望小売価格(消費税込)
911 カレラ GTS7速マニュアル/8速PDK右/左  ¥18,680,000
911 カレラ GTS カブリオレ8速PDK右/左  ¥20,930,000
911 カレラ 4 GTS8速PDK右/左  ¥19,740,000
911 カレラ 4 GTS カブリオレ8速PDK右/左  ¥21,990,000
911 タルガ 4 GTS8速PDK右/左  ¥21,990,000

画像ギャラリー


新着情報