0.25なら市販車として最高レベル! 新型車で「下がった」と強調される「Cd値」はどう見るのが正解?

0.25なら市販車として最高レベル! 新型車で「下がった」と強調される「Cd値」はどう見るのが正解?

時速100km時に受ける抵抗のおよそ8割は空気抵抗によるもの!

 先日登場した、新しいフォルクスワーゲン(VW)・ゴルフ=8代目ゴルフが、Cd値(空気抵抗係数)を大幅に改善し、7代目ゴルフに対し10%向上、0.30→0.27としたことをアピールしている。あのボディ形状でCd値0.27というのはかなり立派な数字だ。

【関連記事】単なるカッコつけ? 市販車が標準装着するリヤウイングは公道しか走らなくても意味はあるのか

8代目フォルクスワーゲン・ゴルフの走り画像はこちら

 空気抵抗は速度の二乗に比例するので、燃費性能への影響も大きく、操縦安定性や静粛性にも大きく関わってくる。

 空力性能、エアロダイナミクスというと、レーシングカーの世界のようだが、じつは時速100km時の走行抵抗のおよそ8割は空気抵抗といわれていて、市販の乗用車でも重要な要素だ。

 空気抵抗を減らすには、前方投影面積を減らすか、ボディ表面の凹凸を減らすのが手っ取り早い。

 その究極が、ソーラーカーレースのレース車両。1990年代に多くのソーラーカーレースで優勝したホンダのソーラーカーのCd値は0.112。四輪車としては、あのような形状が、ある種の究極のロードラッグスタイルといえるはず。

ソーラーカーのイメージ画像はこちら

 ただし、あのカタチでは当然、居住性は望めない。

 乗用車としての実用性と居住性を確保したうえでの、最少の空気抵抗となるとどのぐらいになるだろうか。

 かつてVWが発売した限定車、XL1のCd値が0.189だったはずだが、この数字が現状ではリミット一杯といったところではなかろうか。

フォルクスワーゲンXL1の空気抵抗イメージ画像はこちら

 メルセデス・ベンツの2代目CLAも、Cd値0.22と突出した空力性能を誇る一台。

2代目メルセデス・ベンツCLAのフロント画像はこちら

 国産車では、トヨタのプリウス(4代目)がCd値0.24、ホンダの初代インサイトが0.25、そして日産GT-R(R35)が、あのゴツいボディで、Cd値0.26というのは特筆できる(しかも強力なダウンフォースと両立!)。

日産GT-R(R35)の走り画像はこちら

 というわけで、現状では4人乗り以上の乗用車で、Cd値が0.25以下なら、世界最高水準といっても過言ではないはずだ。

画像ギャラリー


新着情報