「ボタンを押してもエンジンがかからない」とパニックも! 意外と知らない「ハンドルロック」とは

noteで書く
「ボタンを押してもエンジンがかからない」とパニックも! 意外と知らない「ハンドルロック」とは

ハンドルを左右どちらかに動かせば解錠できる

 ハンドルロックの体験は誰にでもあるだろう。キーをオフにしてからハンドルを回すとカチンと音がして、ロックされてしまって回せなくなるのがハンドルロックだ。目的はもちろん盗難防止のためで、ハンドルが利かなければ強引に移動させるにしても難しくなる。しかもハンドルロックがかかっているとエンジンは始動できない。

 アナログキー時代はハンドルロックもアナログで、ピンによって固定して、キーを入れてまわすと解除されるという仕組みだった。たまにピンが引っかかって解除されないことがあって、キーを回すこともできなくなるが、その場合はハンドルを左右どちらかに回して引っかかりを取ってやれば解除できる。

【関連記事】【クルマが傷む】駐車時の「据え切り」やっていませんか?

アナログキーのイメージ画像はこちら

 気をつけたいのは最近のスマートキー。ハンドルロックについても当然、電気的にオンオフしている。ピンで固定するのは同じで、こちらでも引っかかって解除できない場合があって、エンジンもかけられずに焦ってしまうことも。この場合はアナログと同じように、ハンドルを左右どちらかに動かせば解錠でき、エンジンもかけられる。

 さらにバッテリーが上がったり、キーの電気が切れるとハンドルロックが解除できないが、こちらについてはいずれにしてもエンジンはかけられないので、焦らずバッテリーを充電するか、電池を交換すればいい。

画像ギャラリー


新着情報